RSS | ATOM | SEARCH
めがね橋夜まつりと下郷さんさデビュー

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

813日、宮守町で「めがね橋夜まつり」が開催されました。

和太鼓、さんさ、神楽など、全部で6団体が出演しました。

私自身も初めて見る団体もあり、見応えがありました。

 

出演者の皆さんで力を合わせて設営!特設ステージです

 

今回も、達曽部地区センターの職員さんとともに司会を担当しました。

いつも的確にアシストしてくれる頼れる存在です。いつもありがとう。

回数を重ねるごとに、少しずつ司会もやりやすくなってきたかなぁと感じています(笑)

 

そして、今回は司会だけでなく、下郷さんさ踊りの一員としても出演しました!

ついに郷土芸能デビューです!

なお、下郷さんさ踊りは、宮守町・下郷地区に伝わる郷土芸能で、

全国的に有名な盛岡さんさとはまた別物になります。

 

7月下旬から、夜まつり出演を目指し、個人レッスンをして頂きました。

最初は散々なものでしたが、おかげさまでひとまず形にはなるようになりました。

踊り手の皆さんは、手足の動きがとてもしなやかで美しいです。

そのレベルに達するには、まだまだ時間がかかりそうですが…

 

当日は、地域のお母様方にきれいに着付けをして頂きました。

今となっては着る機会が減ってしまったからか、着物を着ると不思議と気分が上がります。

下郷さんさの前掛けに鈴がついているため、歩くたびにシャリンシャリンと音が鳴って可愛いです。

 

独特な着方で可愛らしい衣装

 

着物を着て一回ぐらいは練習したかったのですが、その暇もなくぶっつけ本番に!

もうやるしかねぇ〜と半ば投げやりな気持ちで臨みました(笑)

 

案の定、手拭いが肩から落ちてきたり、手甲のひもがほどけたりと着くずれ続出…

そちらに気を取られているうちに踊りもおぼつかなくなり…

はい、たくさん間違えました。

 

反省すべき点は多々ありますが、それでも楽しかった!

またリベンジしたい!と思えました。

 

知り合いの方々にも、普段と違う一面をお見せできたかな?と思います。

 

じっくり鑑賞するのも良いですが、やる方もまた楽しいです。

 

協力隊として来なければ関わることもなかったであろう郷土芸能。

実際にやることで、地域をより身近に感じることができた気がします。

このような貴重な機会を頂き、感謝です!

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 15:08
comments(1), -, pookmark
水も滴る稲荷穴まつり

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

先日、晴れ女疑惑浮上などと言った矢先、見事に記録が打ち破られました(笑)

85日(日)の稲荷穴まつりで、今までイベントで降らなかった分を溜めていたのかと思うぐらいの大雨にあってしまいました!

 

開催も危ぶまれましたが、雨も降ったりやんだりだったので、何とか最後までやりきることができました。

雨のわりにはお客さんも来てくださり、安心しました。

メインのステージイベントが屋根のある舞台で良かったです…

 

今回も司会を担当。極力アドリブがないようシナリオを作ってくださったおかげで、大きな失敗なく終えられました。

司会を経験するたびに、司会やナレーションをこなす方々のすごさを感じます!

 

ステージでは、オープニングセレモニーで、行山流湧水鹿踊の舞が披露されました。

いつも神楽でおなじみのメンバーも、大半がこちらにも参加しています。

鹿踊で見る皆さんは、また違った雰囲気で新鮮でした。

 

行山流湧水鹿踊

 

達曽部児童クラブの発表会では、「少年時代」のハンドベル演奏、「やってみよう(WANIMA)」のダンスが披露されました。

いつもお世話になっていて、仲良くして頂いている農家さんのお子さんが出演しており、思わず感情移入して見てしまいました(笑)

いつの間にこんなに練習していたの…!かわいすぎる〜

 

ハンドベル演奏

 

トリは湧水神楽でした。

膳舞と権現舞の披露でした。

実は高校生2人がメインの舞だったのですが、この若さでこんなに堂々と舞うことができるなんて本当にすごいと思いました。(聞いていると、日々の学校生活も休みなしで忙しそうなのに…)

 

渋いえんじ色の袴もきまっています!

 

膳舞

 

権現舞

 

最後の片付け中にも強い雨に降られ、水も滴る稲荷穴まつりとなったのでした(苦笑)

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 11:14
comments(1), -, pookmark
六神石神社

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

突然ですが、皆さんは「六神石神社」を知っていますか?

 

宮司さん曰く、遠野市民でもまだ半分くらいの人しか知らないと思う、とのこと。

 

六神石神社は、青笹町にあります。林の中で厳かに存在しています。

ここもなかなか素敵なロケーションです。

 

難しいですが、読み方は六神石(ろっこうし)となります。

このワードを聞くと、関西人の私は、つい「六甲おろし」(阪神タイガースの応援歌)を頭に浮かべてしまうのですが…

 

新築の大変立派な神楽殿を、特別に見せていただきました!

ひのきの良い香りが漂う、心地よい空間でした。

また、天井絵も精巧で素晴らしく、思わず見入ってしまいました。

 

宣伝のためならどんどん写真を撮って載せてくださいという宮司さん。

宮司さん自ら積極的にSNSで発信し、広報活動に努めておられます。

気前がよく、面白いお方です。

 

神楽殿

 

神楽殿内部

 

天井図。月ごとのイメージを絵に表わしています。

 

林の中にあります

 

922日と23日には、宵宮と例大祭があるそうです。

どこにも負けない!と宮司さんが太鼓判を押すお祭りです!

復刻した豪華なお神輿も見られるそう。

遠野市民の方もそうでない方も、ぜひ一度訪れてみてください!

 

よそ者大歓迎!とのことなので、私も行ってみようと思います!

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 10:55
comments(0), -, pookmark
宵宮・例大祭ラッシュ!

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

夏に入り、各地の神社でお祭りが次々と行なわれています。

 

宵宮・例大祭では、神楽や鹿踊(ししおどり)などの郷土芸能が披露されます。

77日と8日には、鱒沢神楽の方のお誘いで、白山神社の宵宮・例大祭を見に行ってきました。

いつもお世話になっている方々も所属しており、初めて拝見できて嬉しかったです。

鱒沢神楽は女性メンバーが多く、とても華やかな舞でした。

 

宵宮

 

例大祭

 

松崎町で活動していた際、たまたま早池峰神社の例大祭と重なり、せっかくだからということで連れて行って頂きました。(前日の宵宮には鱒沢神楽も出演していました!)

長い森林道を通り抜けた先にある神聖な空気漂うところで、個人的に好きな場所です。

ここでは初めて鹿踊を見ることができました。

 

 

最後の餅まきでは、なんと!5円玉入りのお餅をゲットしました!

何かいいことありそう〜

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 10:42
comments(0), -, pookmark
一年越しのリバーサイドまつり

こんにちは。緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

722日(日)、一年越しに宮守町・柏木平でリバーサイドまつりが開催されました。

昨年は雨天中止となってしまったそうなので、天候に恵まれて良かったです。

今のところ、参加するすべてのイベントで雨に降られていないという奇跡が続いているため、晴れ女疑惑が浮上しております(笑)

 

リバーサイドまつりはその名の通り、川のそばでお祭りが行なわれます。

どことなく風が気持ち良く感じられるところでした。

屋台や縁日、魚釣り・魚つかみ、ステージイベントなど盛りだくさんの内容でした。

そのほとんどが参加費無料!というのが驚きです。太っ腹だ〜

 

隣では競技流鏑馬大会、グランドゴルフ大会が同時開催されました。

楽しみにしていた流鏑馬は、まつり会場の下段で開催していたため、じっくり見ることはできずちょっぴり残念…

 

当日は早食い大会の司会進行を行なったのですが、これが散々な結果に…

アドリブに弱すぎることを痛感しました。穴があったら入りたい気分でした…

あと何度か司会の予定があるため、次はしっかり備えて臨みたいと思います。

 

12時からは、プチエンジェルの皆さんとともにカントリーダンスを披露しました。

音楽がかかると自然に体が動き出す皆さんは本当にすごい!

体に染みついているとはこういうことなのですね。

私はというと、SLお出迎えの時にはやったことのない踊りもあり、急ピッチで頭と体に叩き込みました。

(今月は何かと踊りや動きを覚える機会が多く、脳内はわりとパンク状態でした笑)

 

途中、強風により帽子が飛んでいくというハプニングも起こりましたが、踊りきることができ、ほっと一安心でした。

こちらも後に、ダンス見たよ!と声をかけて頂きました。

やはり反応を頂けると嬉しいものですね。頑張って良かった〜と思える瞬間です。

 

お祭りは盛況だったようで、無事に終わって何よりです。

支所の皆様、準備から運営、片付けまで大変お疲れ様でした。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:07
comments(0), -, pookmark
宮守のレトロなお祭り

こんにちは。緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

713日(金)、支所から歩いて5分ほどの商店街で、「おでのさんまつり」が開催されました。

昔懐かしい雰囲気の漂うお祭りで、いつもは人通りの少ない(?)商店街にも多くの人が集まっていました。

 

子どもも大人もわいわいと

 

夕方も雰囲気が出て良い感じに

 

お社にはきゅうりのお供えが!

 

毎年チーム対抗戦ゲームで支所チームが出場しているそうで、私もその一員として参加しました。

(あまり貢献できませんでしたが…)

 

ビンの中に水を入れ、中に埋まっている割り箸を取り出すゲーム

 

今年は特別に!支所の女性職員+若手男性職員+スペシャルゲストによるダンスステージもありました。

私も2回の練習で臨みました。(結果ゆるゆるダンスになりましたが…)

結構いろんな方に見て頂いていたようで、後々あのダンス良かったよ!と声をかけて頂くことが何度かあり、嬉し恥ずかしい気持ちでした。

 

こういうお祭り久しぶりだなぁ、なんかいいなぁとしみじみ感じた一日でした。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:05
comments(0), -, pookmark
8月のイベント予定

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

いつも振り返りばかりなので、今回は先のことに触れてみたいと思います。

 

夏もイベント盛りだくさんです!

 

8/5(日):稲荷穴まつり

 宮守町・達曽部のお祭りで、ニジマス釣り、流しソーメン、スイカ割りなど、夏を満喫できるイベント盛りだくさんです!

達曽部を代表する郷土芸能団体 行山流湧水鹿踊、湧水神楽のステージも見ることができます。

達曽部在住の私も司会で参加予定です!

暑い中でも、稲荷穴は涼しい!と評判です。ぜひ涼みに来てください〜

 

8/13(月):めがね橋夜祭

 宮守町の郷土芸能団体が集結し、舞が披露されます。

 宮守名物のめがね橋をバックにした特設ステージで、神楽・さんさ踊り・和太鼓・鹿踊踊りを見ることができる貴重な機会です!

 お盆の休息に、夜風に当たりながら、宮守の伝統芸能を堪能しに来てください。

 私も下郷さんさでの出演を目指し、日々練習を頑張っています!

 

8/25,26(土・日):遠野ホップ収穫祭

 ビール原料となるホップの産地として有名な遠野。

 遠野産ビールはもちろん、いろんなビールを味わうことができます。

ビール好きの方はぜひ足を運んでみてください!

 26日(日)には、遠野の街中を駆け巡る、遠野じんぎすかんマラソンも同時開催されます。

 ビール片手にお楽しみください!

 

上記の他にも、各地域でお祭りやイベントが開催されます。

興味のある方は、遠野市観光協会のイベントスケジュールをチェックしてみてください!

遠野市観光協会ホームページ URLhttp://www.tonojikan.jp/

 

夏の遠野を一緒に楽しみましょう!

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:04
comments(0), -, pookmark
ラッパ隊〜風の丘20周年感謝祭イベント〜

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

715日(日)、道の駅風の丘20周年感謝祭のイベントステージに、遠野市消防団ラッパ隊が出演致しました。

 

何気に消防演習のドリル演奏よりも長い時間枠だったため、思いのほか大変でした。

けれど、皆さんが工夫を凝らした演目を考えてくださり、きれいに時間内におさまりました!

 

10年ぶり(!)の披露となる三重奏も素晴らしかったです。

ラッパ隊メンバーの娘さんにもナレーションでご協力頂き、聞き取りやすい声に思わず聞き入ってしまいました。

私はまだ吹けず、ラッパの上げ下げと行進に徹していましたが、相変わらずの物覚えの悪さで、本番もいくつかミスを連発…反省です。

 

 

 

 

ラッパ隊の舞台は終わってしましたが、風の丘20周年感謝祭は9月まで開催中です!

東北各地の道の駅が集結し、出店しています。

この機会にぜひお立ち寄りください〜

週末は駐車場が混み合いますので、早めのご来場をおすすめします!

 

感謝祭イベントで実施された、もちまきならぬ野菜まき

野菜が頭上を飛びまわっており、シュールな光景でした(笑)

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:36
comments(2), -, pookmark
遠野は馬の里

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

遠野は馬と関係の深いところで、昔の家には馬屋があります。

機械化が進む前まで、馬は生活に欠かせない存在でした。

馬とともに暮らしていた形跡が、今も随所に残っています。

 

大半の家の造りはこの様式だったようです

 

馬の飼育・繁殖のお仕事をされている方もおり、その方とのご縁で、いろいろと馬関係のイベントに参加させて頂いています。

 

 

55日(土)は、遠野郷八幡宮にて流鏑馬イベントが開催されました。

午前中は、こども流鏑馬、午後からは競技流鏑馬大会が行なわれました。

 

流鏑馬といえば、京都の近くに住んでいたこともあり、神社で奉納の際に行なわれるイメージが強く、手の届かない遠い存在に感じていました。

 

競技流鏑馬はそれとは別物で、一種のスポーツとして、的中した点数を競いあったり、衣装を楽しんだりします。

神事としての流鏑馬を行なえるのは男性に限られているところが多いですが、競技流鏑馬は老若男女誰でも参加できます。

今回、遠野郷八幡宮では初めての競技大会開催となりました。

(遠野郷八幡宮にはとても立派な馬場があります!)

 

 

午前中のこども流鏑馬には多くのお子さんが参加されており、大盛況でした!

毎年参加している子もいるようで、全射的中している、とても上手な子もいました。

体験会は当日参加可能で、弓を射ったり、馬に乗ったりと、普段なかなかできないことを体験できて子どもたちも楽しそうでした。

 

流鏑馬体験会

 

子ども流鏑馬大会

 

午後は競技大会本番!

選手の皆さんは、地元遠野はもちろん、青森・山形・仙台・東京などからも集まっていました。

前日の流鏑馬講習会と大会リハーサルの時からお世話になっていたこともあり、とても楽しみにしていました。

馬場を颯爽と駆け抜け、弓を射る姿は本当にかっこいい!

一度見て、完全にハマってしまいました。

 

選手の皆さん。衣装も個性が光っています。

 

いつもお世話になっている方。いつもとはまた違った雰囲気!

 

私もちゃっかり衣装をお借りして見物

※子ども流鏑馬に出た訳ではありません!(よく誤解されるので笑)

 

次に遠野で流鏑馬を見れるのは、722日のリバーサイドまつりの時です。

宮守の柏木平で開催されます。

その時は私もおまつりスタッフとして参加する予定です。

皆様ぜひ遊びに来てください!

 

 

616日(土)は、馬とSLの併走イベントに行ってきました。

綾織町の二日町駅に向かって、馬とSLが走ります。

遠野の見どころを一度に目にすることができるイベントです!

現場は、多くの見物客でにぎわっていました。

 

いつもお世話になっている方も、走者として参加されていました。

とてもかっこよかったです。

 

なかなか見ることのできない貴重な光景

 

 

624日(日)は、宮守の柏木平にて、東北馬力大会が開催されました。

私もレースの計測係として参加しました。

遠野の中で、遠野まつりに次ぐ一大イベントということもあり、多くの観客でにぎわっていました。

 

当日は大変天気が良く汗だくに…

 

馬力大会は、馬に重りを付けた状態で障害(上り坂)を乗り越え、ゴールした時間の早さで勝敗が決まります。

馬の力だけでなく、手綱を引く人の力量も大きく関わってくるようです。

 

最初、馬は何も悪いことをしていないのに罰ゲームでも受けているかのように見えましたが、遠野の馬と人の暮らしの背景を考えると、その名残なのかもしれないと感じてきました。

昔は馬が重たい荷物を運び、険しい道も通っていたのだろうと想像を膨らませる時間となりました。

 

このようなレース場で人馬力を合わせて走り抜けます

 

また、大会終了後、SL停車場プロジェクトの一環で、SLが近くを通過した際に、みんなで帽子を手に腕を振りました。

 

 

馬に携わる方たちの熱気を感じられるイベントたちでした。

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 13:16
comments(3), -, pookmark
田植え日和

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

先日、私の地元である大阪北部で大地震が発生しました。

家族・友人・知人のほとんどが住む生活圏に直撃したので、

とても不安がよぎりましたが、幸い、皆無事を確認できました。

こちらでも多くの方にご心配頂きました。本当にありがとうございました。

一日でも早く元の生活に戻れるようお祈り申し上げます。

 

5月から6月にかけては、田植えラッシュでした。

私もあちこちの活動先で田植えをしてきました。

 

ここでは家で田んぼを持っていることが多く、自分でやることころもあれば、組合や知人に委託しているところもあります。

かつては、家族総出でやるものだったようです。

田植えをしてみて、みんなで支えあってやるところがいいなぁと感じました。

結構体力がいる作業なので大変ではありますが…

 

何度か田植え機にも乗車しました。(もちろんベテランの方と二人乗りです笑)

まっすぐ植えるのがなかなか難しい!

 

私の植えたところは芸術的なカーブを描いています(笑)

 

田んぼ周辺の電柵設置もお手伝いしました

年々シカなどの動物による被害が増えているとのこと…

 

手植えによる田植えもやってきました。

こちらは多くの人で集まり、一斉に植えていきます。

腰は痛いわ、足はとられるわ、挙句尻もちつくわで散々でしたが(笑)みんなでワイワイ作業できて楽しかったです。

作業後のお疲れ様会で頂いたご飯は格別のおいしさでした!

 

遠野名物バケツジンギスカンを頂くことも!豪華な昼食

 

田植えの次にやってくるのが草刈です。

初めて草刈り機を使用して作業したのですが、これがまぁ大変!

草刈り機が私には重く、腰が砕けそうになりながらの作業となりました…

軽々と草刈りをされている方々が本当にすごいと思いました。

そして、皆さんが草刈りを敬遠する理由がよく分かった一日でした(笑)

 

田んぼの周囲をひたすら刈っていきます。なかなかの重労働…

 

この時期は、あちらこちらで美しい田風景が見られます。

皆さんの手に汗にじむ努力を身をもって感じつつ眺めている今日この頃です。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:22
comments(2), -, pookmark