RSS | ATOM | SEARCH
皆様ありがとうございました
 今回が、22年度緑のふるさと協力隊堀井綾子の

最後のブログ更新となりました

今までご愛読本当にありがとうございました。



生活してて感じたことや、

自分の気持ちなど、

もっと頻繁に更新しようと思ったときもありましたが、

私は「協力隊」としてこのブログを書いているのだ!!

あんまり私的なことを書くのもなあ・・・

という気持ちもあり、なかなか筆(指?)が進まないことがありました


ともあれ、この気ままブログを

毎回楽しみにしてくれている方々がいたということ

本当に嬉しかったです

ありがとうございました






なぜ人は年を取ると、時間が早く過ぎるように感じるのか



ご存知ですか??











初めて入るお化け屋敷は、

どこからお化けが出てくるのか、

扉の向こうには何があるのか、

一体どこまで続いているのか、

分からないからドキドキしますよね??



でも、2回目に入ると、

はいはい、ここからお化けが飛び出してくるんやろ

なんや、もうすぐ出口やん

と大体の予想がつきます



そういうとき、人は1回目にお化け屋敷に入ったときより

2回目に入ったときの方が、

早く時間が過ぎたように感じるのだそうです





これと同じように

幼い子供は、毎日に初体験が多いですが

一方、年を取った人ほど、生活に「一度経験したこと」が増えていく

よって時間が経つのが早く感じちゃうのだそうです

これ、テレビの受け売りですが











私のこの一年を振り返ってみると、

なんだか早かったような短かったような〜そんな感じでしたが、

一昨年の一年より、圧倒的に長かったように思います


それほど、この一年が初体験にあふれ、

濃密やったってことかな



この一年たくさんの人と出会い

たくさんのことを経験し

たくさん悩み

たくさん笑いました





あれ??もう終ったの??って人生振り返って思うより、

あんなことしたな〜こんなことしたな〜色んなことしたな〜

長かったな〜としみじみ思い返せるような

そんな人生をこれからも送り続けたいと思います







最後に、

活動で出会ったとあるおじいさんから頂いた言葉でしめたいと思います



「昔は、スクールバスなんかなかったから、

子供達はみんな歩いて道草食いながら学校に通ったんだよ。

野草取ったり虫捕まえたり、

学校への近道を見つけたり、

道草食いながら、色んなことを学んだんだよ。

人生も一緒で、まっすぐ歩くだけじゃだめなんだ。

道草が人間に幅を作るんだよ

道草のある人生を送りなさい」





この一年は私の人生にとって、

まさに道草の一年でした


たくさんの経験や出会いや支えや環境や

全てのことに感謝です




本当に一年間ありがとうございました


最後の最後でまた風邪を引いたほりちゃんでした

お土産にウイルス持って帰ります




どんどはれ






author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 11:49
comments(2), trackbacks(0), pookmark
最後の活動は・・・
とうとう3月になりました。

私、22年度緑のふるさと協力隊 堀井綾子の遠野市での活動も

10日をもって終了となります

協力隊としての実質的な活動は、2月で終わってしまいました。

後は、お世話になった各方面の方々に挨拶して回るのと、

まとめの作業と、



片付け。



片付け・・・



かたづけ・・・



お茶漬け・・・




片付け・・・


は〜


今、ぼちぼち進めております。

荷物って送料高いですよね

改めて岩手と京都の遠さを実感しています。


どなたか安く荷物を送る方法ご存知ないですか??







さて、記念すべき(?)最後の活動は、

もはや全国区 MILK-INN 江川さん宅での民泊でした








お父さんと、私と、おばあちゃんと、マッカーサー。

じゃなくておじいちゃん

遠野の中でも寒いところやし、

なかなか冬はお手伝いさせてもらえること

少ないんちゃうかな〜と思って伺ったのですが、

今回はおじいちゃんの炭焼きをお手伝いさせてもらえました。





おじいちゃんは、ほんとにすごい

山の達人です。

いや、こんな簡単な言葉では言い表せないくらいです



そんなおじいちゃんが、一人山に入って開拓を始めたとき、

まず最初に行ったのが、この炭焼きだったそう

手鋸で木を切って、木を焼いて、できた土地に蕎麦をまいた



話できくのは簡単やけど、現代人に真似できるかって言われたら

絶対できない

おじいちゃんの話は何十年も前のことやのに、新鮮で、聞き飽きないんです




炭焼きはやっぱり真っ黒になりました。

黒い鼻水垂らしながら、

協力隊としての最後の農作業終了しました







江川家のみなさんは、いつも行くたびに温かく受け入れてくれます

最後の活動にふさわしい、思い出に残る民泊となりました

ありがとうございました


あ〜、ここでの生活もあと1週間

なんだか現実に戻るっていう感じです

帰ったら一気にふけたりして〜浦島太郎現象

お〜怖っ












author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:44
comments(2), trackbacks(0), pookmark
如月
 今朝の宮守総合支所









近くでみるとみなさん必死の形相なのですが

遠くからみるとなんだか楽しそうにみえませんか?

色とりどりのスコップを持った小人達、みたいな









・・・・・・・毎日お疲れ様です











先週は組合でたらの芽栽培やってはるところで、お手伝いしました

作業うんぬんよりも、おばちゃんたちのパワーに圧倒

そこにおっちゃんが加わり

繰り広げられるのは、下ネタ

もう、言葉が分からないふりをするしかない

実際、会話がヒートアップしてくると4〜5割は分からない





お孫さんが8人いはる80歳くらいのばっちゃんも

毎日ハウスにやってきて一日稼いではる

生涯現役とはこのこと



寒さに負けて1月は体調崩してばかりいた私よりも

よほど元気やわ





今週はなんぼか天気もいくなるそうで。




わたくし生まれてこの方20数年間、

こんなに春を待ち望んだことはないと思います

ようやく春めいてきたかなという3月半ばで帰ってしまうので

今年も遠野の春を見ることができなくて残念










あそうそう、先日こんなものを発見しました








いるかって・・・あのイルカ

あの、アドベンチャーワールド(和歌山にあるサファリパーク。関西ではメジャー)で

ジャンプして輪をくぐってるあのイルカ??

クジラは食べたことあるけど、イルカも食べるの?え〜





って驚いてみたけど、


私、かえるやワニやダチョウや虫やら食べたことあった・・・in タイ

きっとイルカも出されたら食べられるんやろうな

たくましく育ってます



author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:50
comments(1), trackbacks(0), pookmark
新年早々粗相の早朝
 はいっ、3回言って〜







あっ おはようございます

タイトルの通り

先日とうとうやりました!!








曲がり角を曲がりきれずに滑って

びっくりして慌てて逆にハンドルきったら・・・

この通り

初スピン



運よくもそこに電柱やらなんやらが無かったから

車も私も無傷でした

ほんま良かった〜



右往左往してる私を見て

颯爽と現れた一人のおじさん、いやお兄様。

今トラクター持ってきてやっから〜

と言ってあっという間に引っ張りあげてくれました




写真ひっくり返ってる〜




出来事の展開にいまいちついていけてなかった私は、

引っ張りあげてもらった車の窓をあけて、ありがとうございました^^

と会釈。


そして、冷静になってから、

いやいやいや今のは、車を降りて土下座やろ〜


と自分の対応を悔やみましたが、時既に遅し

そのお方は名前も告げずに去って行かれました・・・




絶対見てないと思うけど、

この場を借りて・・・本当にありがとうございました



人の温かさとトラクターのすばらしさを実感した朝でした

運転には気をつけよう。うんうん








         







さて、一昨日、昨日は

生産組合さんのお豆腐作りのお手伝いをしてきました






豆腐屋さんになりたい!!と思ったことがある(ほんの一瞬)ほど

お豆腐だいすきな私



初めての豆腐作り・・・めっちゃ楽しい

そして絞りたての豆乳・・・めっちゃおいすぃ

極めつけは出来立ての寄せ豆腐・・・最高







できたてお豆腐をその場でたべてるよ!!

の写真をとったつもりがただ雑然とした感じに・・・写真ってむずい





イソフラボンの取りすぎでどうにかなっちゃいそう(どうなるかは知らん)



私のお手伝いしたことの半分は掃除やったけど、

それもめっちゃ楽しかったです



昔、居酒屋でアルバイトしていたとき

終った後の掃除の時間がいやでいやで仕方なかった

なんでこんなん私がしなあかんの?って思ってた


それを親戚のおっちゃんに話したとき


「飲食店にとって掃除は基本やで。

中国なんか衛生管理めちゃめちゃや〜(おっちゃんは中国で働いていた)

きちんと掃除して、衛生管理の行き届いたきれいな店で

自分は働いているんやってことを

誇りに思わなあかん」



といわれました。

なるほどなと思った

それから掃除が大好きに・・・いい過ぎた

苦じゃなくなりました



でも自分の部屋は別。

うっうちの部屋・・・

大声で歌いながら掃除しよう

べーっぴーっんさんにっなーれるーんーやあでえ〜
author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:11
comments(4), trackbacks(0), pookmark
今日は・・・

 201111日ですね

あっそれだけです。

おはようございます!毎日寒いです。

うちの中で特に寒いのが、台所とお風呂

台所では、やかんの水や出しっぱなしの大根が

お風呂では、コンタクトの入ったケースがコンタクトと保存液ごと

がっちがち


お風呂に入るのに毎回ものすごく気合がいります

−10度以下だもんねえ、仕方ないねえ



先日のブログに書いたピンクのまきまき





これ

普通に関西にもあるんですね

知らなかった〜

こっちでは 「ひょうろんこ」 とか 「ひょろんこ」 とかいうみたいです






この間、人生初の本格カマクラに入れてもらいました

こんなおっきいの作れるなんて、やっぱりここは北国やわ







あやちゃんも乗れるよ〜

と言ってくれたけど、取り返しのつかないことになりそうなんで

やめておきました



先週は子供達と触れ合う機会が多く、

子供達の空気砲作りにも混じってきました



こっちの小学校ではまだまだ冬休み

たぶん後1週間くらいはあるんじゃないかな

うらやましい〜

私が小学生のときは8日くらいが始業式だった気がするな

休み明けの体育は、雪遊びになるからスキーズボン持参なんやって

うらやましい〜





子供ってなんでこんなにかわいいんかな

「あやちゃん、こっちきて〜」 と手をひかれると

「なになに〜」 とにたにたしながら付いて行っちゃう

もうメロメロです



今週も児童館に行くので、子供達と触れ合うことができる!

楽しみや〜







author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 09:53
comments(2), trackbacks(0), pookmark
あけましておめでとうございます
 明けましておめでとうございます



皆様昨年は大変お世話になりました

協力隊として遠野市で1年間生活することが決まり、

4月からは新しいことばっかりで戸惑うことも多かったけれど

なんとか2010年を終えることができました

なんだか、長かったような短かったような2010年

やっと遠野弁にもなれてきたところで、3月になるんですね・・・ホロリ




さてみなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私は、年越しはお呼ばれして、

一緒に紅白をみて、

近くの神社とお寺に元朝詣りにいきました

こっちでは初詣とは言わないんですね

46番目に鐘をつきました。ごーん



年末に降った雪のおかげで、道中何度もすべって転びそうになり、

元旦からちょっと不機嫌になってしまいました


でもお雑煮(いくら乗せ)はご近所の方にいただき味わうことができたし、

残念ながらなめたカレイは食べてないけど、

楽しいお正月を過ごすことができました



縁起物だよ〜と言っていただいたのがこれ!!



名前は “〜んこ” って言ってはったような気がするけどなんやっけ・・・・

こんなん関西にあるのかしら

初めてみました。

梅漬けになってるからすっぱくっておいしいです




さあ、お正月も終ったし2011年は何かと忙しくなりそうなので

気合をいれてがんばりたいと思います!!

author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:24
comments(1), trackbacks(0), pookmark
もういーくつねーるーとー
 おはようございます

ここ数日日本をおおった大寒波

おかげさまで私も北国らしい雪景色を見ることができています

積雪30cmはあるかなあ・・・



京都で雪が降ると、なかなかないイベントに、

大人も子供も大はしゃぎ(喜ぶ喜ばないに関わらず)するのですが

ここに住む人にとって雪とは、もはや生活の一部なんだなというのが

その様子からひしひしと伝わってきます


朝、家の外で誰かが雪を掻く ざっざっ という音で目を覚まし、

一番に水道の元栓をあけて水を出し、

身支度を整え、家の前の雪を少し掻き、

車のエンジンをかけて車を暖めながら、車の周りの雪をかく

私もここ数日、朝からてんてこ舞いになりながら、

北国の冬を体感しています




緑のふるさと協力隊の任期も残すは実質2ヶ月程度です

改めて残り2ヶ月をどのように過ごそうか考え中

4月からの大学復帰も考え出すとプチ鬱に・・・

あぁ〜

とりあえず少しでも多く色んなことを経験して、

たくさんの思い出を作って帰りたいな



話変わって、もうすぐお正月ですね

私も門松作りをしました

おもちも黒豆もいただいたし、とりあえず年は越せるかな


京都のお雑煮といえば、白味噌に丸餅なのですが、

こっちのお雑煮は鶏肉やごぼうや人参なんかがはいったしょうゆの出汁に

せりとイクラを乗せて食べるらしいです

まあ、家庭によって違いはあるやろうけど

お雑煮に鶏肉は驚きです

そしてお汁を先に飲み干して残ったおもちに、

くるみをすってお醤油やお砂糖で味をつけた

甘〜いたれをかけて食べるんやって




そして、最近スーパーでよく見かけるのが、

なめたカレイ

という謎の魚。体長30センチくらい。2、3千円くらい・・??

お正月に食べるらしいです。

おいしいのかな??誰か食べさせてください

高くて自分では買えない



リアル県民ショーを楽しむのに絶好のお正月

しっかりと体感したいと思います
author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:29
comments(1), trackbacks(0), pookmark
ここ3週間・・・
 ブログをお休みしていました。

なかなか役場にくる時間をとれなくて・・・(言い訳

これも私の仕事のひとつやった。反省



気を取り直して、ここ3週間でやったことをざっとおさらい


・合鴨燻製作り〜絞めから羽むしりまで〜



首を切られてもなお動き回るカモには衝撃を受けました。

自然と涙がでてきました

ずっと心の中でお経を唱えてました

毛をむしるときの、肌のマナ暖かさとケモノ臭さが忘れられない

でもあらかた毛をむしり終わると、

自然と食材に見えてくるから不思議なものです

私がたくましいのか、なんなのか

このカモも誰かの胃袋におさまったのかなあ






・たらの芽ハウス栽培



たらの木を切って、並べていく作業のお手伝い

写真のように、真ん中が高くなるように並べていくんです

こうすると、横の木にぶつかることなく芽が出てくれるのです

私のクリスマスイヴの予定は・・・・・・たらの芽収穫です

大きくなってるかしらん





・山ノ神
 
 めがね橋サロン



どちらも地区のお年寄り達と交流させていただきました

私より半世紀以上も長く生きてこられた皆さん

笑いじわがたくさんあるおばあちゃん

どこか気難しそうなおじいちゃん

踊りを踊って会場を沸かすおばあちゃん

カラオケ好きのおじいちゃん

お年寄りと一くくりに言っても色んな人がいるなあ〜と

どうせ取るならいい年取りたいと思いました




・しいたけほだ場整備

ここ数ヶ月毎月通っているおじいちゃんおばあちゃんのおうち

携帯も通じない山奥に住んでいるのに、車がない足がない

私からしたら考えられない生活

でもきのこも山菜も豊かな生活

町に車で連れて行ってあげたとき、

「こういうときしか食べられないんだよ〜」と言って

助手席でおいしそうにアイスを食べたおばあちゃんの姿が

とてもかわいかった




・農家レストランのお手伝い


・農商工連携ネットワークづくりセミナー
 コミュニティビジネスセミナー



久々に少し頭を使いました

地域の活性化に努めるたくさんの熱い人々に出会いました


・もちつき


・和牛子牛市場



今の時代セリも機械化ですよ〜

小さい頃、高速道路で牛をたくっさん乗せて走るトラックを見かけ、

姉妹そろって 「うし〜うし〜」と大騒ぎしていたのですが、

まさかそのトラックに自分が乗ることになろうとは。

人生何が起こるかわからんなあ






・わさび栽培




雪が降った土曜日で、子供達が雪遊びをしていました

かまくらを作るということで、完成したら入らしてな〜

と約束していましたが、完成には至らず

子供達のそりを借りて、休憩時間に一緒にそり遊び



・シカ狩りリベンジ

またまた捕らえることはできませんでした

でも、別の日に、

捕まえて今から解体するから見にこ〜

と連絡をもらい、解体作業を見ることはできました

私が到着したときにには、すでに息をひきとっていたので、

そこから皮をはいだり肉を切ったりという作業を見ても、

カモの時ほどの衝撃はありませんでした

猟友会の人たちの手馴れた作業に関心



その後みんなで焼肉パーティー




新鮮な鹿肉をいただきました

みんなおいしい、新鮮だーと言っていたけど

私は食べる度にシカの顔が頭をよぎり・・・

でもありがたくいただきました




こんな感じの三週間を送っていました

人生初の−8度を体感

こんなとこ人間の住むとこじゃないと一瞬思いました

でもきっと私の防寒対策が甘いんやろうな

一番分厚いと思って京都から持ってきた服も、

こっちの人には「そんな服で寒くねーかー」と

心配されました

あ〜越冬できるのかな


農作業少なくなるし、ちょっとはゆとりが出てくるかなと思っていた12月も

ほんとさまざまな体験をさせてもらうことができ、

おかげさまで充実した毎日を送ることができています


ブログも、忙しさにかまけずに、まめな更新心がけます


もうすぐ、大好きなクリスマス・お正月・誕生日

風邪、インフル、ノロに負けずにがんばろーっと







author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:47
comments(1), trackbacks(0), pookmark
ドンっ!!
 またまた久しぶりの更新です−

最近体験した2つの ドンっ!! について報告します



これ、何の機械か分かりますかー??








ご年配の方には懐かしく(?)、子供には新鮮なこの機械

じゃらじゃら・・・とある材料を入れまして〜

圧がかかるのを待ちまして〜

頃合いを見計らって〜

ドンっ!!







砂糖を絡めれば〜






みんな大好きドン菓子のできあがり

京都では、ポン菓子として馴染んでいたけど、

こっちではドン菓子


お米や豆類、雑穀やとうもろこし、

結構いろいろドンできるらしい。。。この機械、欲しい!!

30マンだそうでーす。

年末ジャンボあたったら買いたいな





           





もうひとつのドンっ!!はずばりこれです






鹿を追って山を駈けずり回ってきました

最初のほうは、なるべく足音を立てないようにがんばってたけど、

だんだん付いて行くだけで必死に。

「え〜、こんなとこ降りるのー?

と心の中で叫びながら、斜面をずり落ちる



獲った鹿を解体するとこまで見るのがこの日の目標です

(何でそんなん見たいん!?!?と母には絶句されました)



「今日はあねっこがいるから、きっと立派な雄シカがではってくる〜」

と言われてた通り、

一度立派な雄シカに接近することに成功

狙いを定めて・・・ドンっ!!


惜しくも逃してしまいました

間近で聞く ドンっ!!は、さぞかし迫力があるだろうと思っていましたが、

実際のところ、ドン菓子のドンっ!!のがすごかったような


だんだんとあたりが暗くなってきて、

今日はもう獲れないのかな〜

と、誰もが諦めかけたそのとき!!!!!




・・・・という奇跡は起こらず、そのまま日がくれ、この日の狩は終了

テレビの様にはうまくはいかへん

相手も命がかかってて必死なんや

命をいただく大変さを少し学んだ気がします


雪が降れば足跡がつかみやすくなり、狩の成功率も高まるんやって

ということで、またリベンジに連れて行ってもらいます




          




そうそう、うちの干し柿2週間経ってこんな感じになりました




まだまだ早いんかな〜取るタイミングがわからへん


干し柿って黒くて硬いイメージでしたが、

こっちの方では割とジューシーなうちに取り上げて

後は冷凍保存するんだって


おいしくできますように〜



         



あとあと、こんな話をききました

昔はトイレにぶら下がっている綱でお尻を拭いていた

今のひとはあれを掴まるためにあったと思っているが

本来はそうじゃない。


え〜いやや〜

これほんまの話ですか??

真偽のほどをご存知の方はぜひご一報ください。
author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 10:26
comments(2), trackbacks(0), pookmark
冬が近づいてきましたね〜

もう11月も後半ですね〜

いや〜早い、早い

今日の最低気温は、−2度との予報

きゃ〜冬が来たよ




最近やった農作業


トマトの収穫納め

しいたけほだ場整備

大豆の調整

田んぼの耕起とレンゲソウの種まき

クレソン収穫

寒締めほうれん草の間引きと草取り


これから農作業もどんどんできなくなるなあ・・・




農作業以外では、この間 『森の学校稲荷穴塾』で、

小学生たちと稲荷穴に入ってきました


稲荷穴は、カルスト台地にある石灰洞で、奥行き約1000m



かっぱにヘルメットという万全の格好で出発


中は、屈んで歩かないと通れないような狭い通路がたくさん

前を歩いていた、恰幅のいいお父さんが大変そうでした・・・


目の前に、何かぶら下がっていると思ったら、冬眠中のこうもり

こうもりの目は退化していると聞いたことあったけど、

確かになんだかつぶれた感じになっていたような

でもそれが退化のせいなのか、ただ目をつぶっていただけなのかは

定かではありません

落下防止のためカメラは置いていったので、写真とれなかった






そうそう、最近こんなものを作りました






お茶で一緒のおばちゃん達に作り方を教わって


昔、サザエさんちのワカメちゃんが干し柿見守り役に任命されて、

四六時中離れられないというお話を見たことがあったけど、

まさにおんなじ気持ち。


カビが生えないか、カラスにつつかれないか心配

数も少しやし、失敗してもたいしたことないんやけど。

窓の外から見えるシルエットが愛おしいです


うまくできたら、お正月おもちと一緒にお供えしよう!!



保存食の作り方とか、生活の知恵、生きる知恵みたいなものも、

もっともっと学んでいきたい

author:ほりちゃん, category:ほりちゃんの「遠野」活動日誌, 11:23
comments(3), trackbacks(0), pookmark