RSS | ATOM | SEARCH
推進大会と鱒沢初舞

宮守町地域づくり推進大会がみやもりホールにて開催されました!

達曽部小学校による、高齢者や視覚障害者へのインタビューを交えたバリアフリーに関しての発表「ハートウォーム大作戦」や

鱒沢小学校による、猿ヶ石川を中心にした地域活性化を目指す発表「わたしたちがえがいた未来の鱒沢」、他にも宮守小学校や遠野西中学校の発表を聞かせて頂きました。宮守の小中学生は何事にも一生懸命でまっすぐな子達が多いなぁと聞き入っていました。その後私も一年間の活動について発表させてもらいました。何回も書き換えた原稿ですが、支所の私の担当であるるみ子さんのご助言により、方言も少し織り交ぜた最終的には少し笑いのある(?)発表にできたので良かったです。支所職員の方々にも何回も練習につき合って頂きました。

入り口には活動日記カレンダーや協力隊が一年に二回発行する「ふるさと通信」全国17カ所分の展示をしました。

こちら、作成したグッズ(しめ縄飾り、藍染めTシャツ、布草履、クルミの木の皮籠、ほうき)の展示もしました。ほうきは作りたてほやほやです!(厳密には仕上げができておりませんが。。。)

展示物の撤去は支所の方に任せて(!?)単身鱒沢の婦人の家に移動、既に始まっていた鱒沢初舞に参加。私は9番目!

主催者の鱒沢神楽は5演目も披露されていました!鱒沢神楽は移住者で仲良くさせてもらっている女性が多い団体です。また常日頃お世話になっている権現舞での儀治さんの美声に感動しておりました。

各団体の権現さま。お神酒がそえられていました。

全ての演目が終わったあとは、懇親会です。お酒を飲んだり、地元女性の作ったお料理(おにしめや山菜の和え物)などを堪能しながら語り合います。普段会う事はない他の団体の方にも会える、貴重な機会でした。大出神楽に参加している移住者の方は神楽に魅せられ、その魅力についてお話を聞かせてもらいました。まだ神楽の文化が残っている遠野は全国的に見てもめずらしい土地。「神楽も遠野も掘れば掘る程魅力がでてきてとりこになる。」「神楽は初心者は頭で踊る。その後体で踊る。その後頭でも体でもなく踊れるようになる」と仰っていたのが印象的です。恐らく踊る事で精神性が高められて何かとの一体感を感じることができるようになる。。そんな不思議な世界を味わうことができるのが神楽なのだと思います。

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 20:34
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:34
-, -, pookmark
Comment