RSS | ATOM | SEARCH
冬、そして骨折

今年の遠野の冬は例年にないほど早く雪が降り(12月から)、その量も多いと遠野人は言います。

自分の足跡

宮守総合支所から川沿いの道からの眺め。一面の(誰にも踏まれていない!)雪景色!

この時期、家の屋根の雪からつららが生成されています。

冬は氷点下以下になるため、水道管の凍結を防ぐ、「水おろし」なる作業を毎日寝る前にしないといけません。要は水道を元栓から閉めるということです。元栓は台所の窓をあけたところにあるのですが、台所自体が寒く、窓も凍るのですぐ開きません。その日は部屋でぬくぬくしていたので、「あ〜もう面倒くさいなー。最近温かいから大丈夫やろ」と思ってうっかり元栓をしめず、凍結してしまい、水が使えない日を2日ほど経験しました。。そうゆう日に限って起こるんですねぇ。朝4時には凍っていませんでしたが、7時には全く水が出ませんでした焦。凍結してしまった場合は、水道管をドライヤーで暖めたり、温かいタオルを巻いたり、結局もっと面倒くさいことになります笑。しかも破裂してしまう場合もあるので、やはり水おろしはしないといけないのです。。これも雪国ならではの経験!

←葉っぱからのつらら!

そして。。やってしまいました、雪山での骨折。スキーに行った日にスノーボードと衝突、左足の腓骨を折ってしまいました。ギプスをつけ、約2週間後にとれる予定ですが、現在活動先での仕事をお休みして、毎日支所作業をしています。ご近所の方々からは、食べ物を頂いたり、雪かきをして頂いたり、心配して見にきてくれたり。。運転も雪道なので控えるようにということで支所の方に毎日送り迎えをして頂いています。本当、有り難いのと申し訳ない気持ちで一杯です。人生、何が起こるかわかりません。衝撃ではありましたが、これも経験、勉強!という風に捉えています。皆さんもくれぐれも雪道には気をつけてくださいね!

 

 

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 21:11
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:11
-, -, pookmark
Comment