RSS | ATOM | SEARCH
4月の活動 振り返り農作業編

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

今回は、受入先での活動について振り返りたいと思います。

 

着任してから23日ぐらいは、お世話になっている協力隊受入先へあいさつ回りを行ないました。

遠野市の活動先は種類も範囲も幅広く、その数30件ほど!

受け入れてくださる方がこんなにいることは、本当にありがたいことです。

一生懸命取り組み、協力してくださる方々の想いに応えていきたいです。

 

4月は、早速6件の活動先でお世話になりました。

原木しいたけ植菌、ミニトマト苗作業、養蜂巣箱作業、山菜収穫、アスパラ収穫、花苗・稲苗作業、産直出荷など、多岐にわたり作業を行ないました。

この時期は苗の作業が多いようでした。

地道な細かい作業ですが私は好きです。(手先の器用さを褒められて舞い上がっていただけかも?笑)

今まで土いじりをはじめ、農作業と言われることを全くしてこなかったのですが、活動先の皆さんが優しく楽しく教えてくださるおかげで、楽しみながら取り組めています。(時に肩や腰にくることもありますが、寝れば治るよくできた体で助かっています 笑)

日に日に活動したい欲が湧いており、休日でも活動日が待ち遠しいほどです。

 

活動先の風景。ワサビ農家さんの近くには綺麗な川がありました。

 

一緒に収穫したノビル。切り口からはネギのような香りが!

 

いろいろな方にお話を伺っていると、最初から農家だった人は案外少ないという発見がありました。

定年を迎えてから始めた人、脱サラして始めた人、兼業していたけれど一本に絞った人など…

のびのびと自分のペースで働いている皆さんの姿が印象的でした。

「朝早く夜遅くなることもあるけれど、自分のペースでできるから苦ではない」

「自分次第でどうとでもできるのが楽しい」

そうおっしゃっていた若手農家さんがいました。

皆さんとの会話の中で、今後の人生を考えるうえで参考になるお話をたくさん聞くことができました。

今まで自分の周囲にいた人たちとは違う人生の先輩ばかりで、学ぶことの多い充実した日々を送っています。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:36
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:36
-, -, pookmark
Comment