RSS | ATOM | SEARCH
めがね橋夜まつりと下郷さんさデビュー

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

813日、宮守町で「めがね橋夜まつり」が開催されました。

和太鼓、さんさ、神楽など、全部で6団体が出演しました。

私自身も初めて見る団体もあり、見応えがありました。

 

出演者の皆さんで力を合わせて設営!特設ステージです

 

今回も、達曽部地区センターの職員さんとともに司会を担当しました。

いつも的確にアシストしてくれる頼れる存在です。いつもありがとう。

回数を重ねるごとに、少しずつ司会もやりやすくなってきたかなぁと感じています(笑)

 

そして、今回は司会だけでなく、下郷さんさ踊りの一員としても出演しました!

ついに郷土芸能デビューです!

なお、下郷さんさ踊りは、宮守町・下郷地区に伝わる郷土芸能で、

全国的に有名な盛岡さんさとはまた別物になります。

 

7月下旬から、夜まつり出演を目指し、個人レッスンをして頂きました。

最初は散々なものでしたが、おかげさまでひとまず形にはなるようになりました。

踊り手の皆さんは、手足の動きがとてもしなやかで美しいです。

そのレベルに達するには、まだまだ時間がかかりそうですが…

 

当日は、地域のお母様方にきれいに着付けをして頂きました。

今となっては着る機会が減ってしまったからか、着物を着ると不思議と気分が上がります。

下郷さんさの前掛けに鈴がついているため、歩くたびにシャリンシャリンと音が鳴って可愛いです。

 

独特な着方で可愛らしい衣装

 

着物を着て一回ぐらいは練習したかったのですが、その暇もなくぶっつけ本番に!

もうやるしかねぇ〜と半ば投げやりな気持ちで臨みました(笑)

 

案の定、手拭いが肩から落ちてきたり、手甲のひもがほどけたりと着くずれ続出…

そちらに気を取られているうちに踊りもおぼつかなくなり…

はい、たくさん間違えました。

 

反省すべき点は多々ありますが、それでも楽しかった!

またリベンジしたい!と思えました。

 

知り合いの方々にも、普段と違う一面をお見せできたかな?と思います。

 

じっくり鑑賞するのも良いですが、やる方もまた楽しいです。

 

協力隊として来なければ関わることもなかったであろう郷土芸能。

実際にやることで、地域をより身近に感じることができた気がします。

このような貴重な機会を頂き、感謝です!

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 15:08
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:08
-, -, pookmark
Comment
不思議ですあなたが小さいころのバレーの発表会を
思い出しました。
綺麗に気付けして頂いた姿をみてしかも難しい郷土の踊りを、恥ずかしがり屋の
あなたをおじいちゃんと吃驚の連続です。
随分大人になりました。
おおさかのおばあちゃん, 2018/08/20 10:59 AM