RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
小学生のスポーツ雪合戦!

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

さかのぼりシリーズ第二弾!

19日、宮守町・小友町の小学生によるスポーツ雪合戦大会が開催されました。

私も作業補助として参加しました。

 

 

しかし、スポーツ雪合戦とは何ぞや?

雪合戦はただの遊びのイメージしかありませんでした。

聞くところによると、全国大会も行なっている本格的な競技なのだとか。

雪国ならではですね。

 

 

今回は、プロの選手に教わりながら、スポーツ雪合戦を楽しもうというイベントでした。

ここのところ毎年開催されているそうで、手馴れた子どもたちもちらほらいました。

「雪合戦」とは言うものの、このイベントでは室内でお手玉のようなボールを使って行なわれました。

 

 

ドッジボールのように相手に玉を当ててアウトにしたり、相手陣地にあるフラッグをとったりして勝敗を決めます。

プロの雪合戦では、フラッグをとれることはまずないそうですが、子どもたちはやはりフラッグに目をつけます。

ガードが甘いためとれてしまうのです・・・

 

 

練習会にも参加していたのですが、本番ではみんないい動きになっていて成長を感じました。

達曽部チームが見事優勝!おめでとう!

お世話になっている農家さんのお子さんが活躍していて、思わず感情移入してしまいました(笑)

 

 

せっかくならプロの試合も見てみたい!

以前は遠野の附馬牛(つきもうし)町でもやっていたそうですが、近年雪が足りず開催できていないようです。残念・・・

 

いつか見れたらいいなぁ。

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:43
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:43
-, -, pookmark
Comment