RSS | ATOM | SEARCH
農薬散布ヘリの見学

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

先月、いつもお世話になっている宮守川上流生産組合の方から、無人ヘリで農薬散布するよ〜と連絡を頂き、見学に行ってきました!

ヘリで農薬をまいているところは見たことがなかったので、見てみたい!と言っていたら、見学に誘ってくださいました。

 

おおよその散布場所を聞き、探してみるもなかなか見つからず・・・

あきらめて案内して頂くことにしました(笑)

 

ようやくご対面!想像以上にかっこいいヘリでした!

これをラジコンで動かします。

操縦するのには資格が必要なのだとか。

 

 

好条件で散布できないところもあり、操縦者は下にいて、案内役が上の畑から指示を出すといった光景も見られました。

 

一体化しちゃってますが、よーく見ると農薬散布中のヘリが・・・

 

貴重な見学となりました!

 

これも一体化しちゃってます(笑)

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:55
comments(0), -, pookmark
宮守 秋のお祭

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

秋になり、毎週どこかしらでお祭が行われている遠野です。

その中で、私が参加した宮守のお祭2つのお話をしたいと思います。

 

929日・30日は、砥森神社の例大祭が行われました。

遠野まつりの記事でも予告した通り、郷土芸能である下郷さんさの踊り手として、両日参加しました。

 

29日は、午前中に達曽部保育園の親子運動会のお手伝いをしていたため、午後から合流させて頂きました。午後からだったので、結局砥森神社には行けずに終わってしまいましたが・・・

運動会も、お世話になっている農家さんのお子さんも出ており、身近に感じながら楽しむことができました。みんなの一生懸命な姿がかわいかったです。

保護者競技として、私もちゃっかり借り物競争に出場しました(笑)久しぶりに走ったな〜^^;

 

合流してからは、宮守駅に続くメインストリートで綺麗に飾り付けられた家々の前を通り、踊っていきました。

下郷さんさの他にも、男の子たちによる神輿担ぎや和太鼓、郷土芸能団体からは新町南部ばやしや鹿込神楽が参加していました。

宮守にも南部ばやしがあったのか!とここで始めて知りました。(今まで参加したイベントでは見かけなかったので・・・)

30日の午前中も、悪天候に見舞われながら、再びメインストリートを練り歩きました。

 

新町南部ばやしと下郷さんさ

 

鹿込神楽

 

食事は、いつも地域の子ども会のお母さんたちの手作りごはんだそうです!

門かけで頂いた分からお母さんたちにお礼をし、それを子ども会の運営にあててもらっているそうです。

良い循環ができていて素晴らしい仕組みだと思いました。

温かい手料理を頂き、心も体もほっこりしました。

 

昼食の丼。1日目の夕飯にはお決まりのカレーを頂きました!

 

パレードを終えてからは、3班に分かれてひたすら門かけをしていきました。

遠野まつりの時と違う点は、個人のお宅にも伺うところです。

あまり天候が良くなかったため今回は短縮して回ったそうですが、例年は下郷地区を一軒一軒歩いていくそうです。

今まで行ったことのないところにも行けて新鮮でした。

 

地元の団体ということもあってか、どの家でも盛大に迎えて頂き、各所でご馳走を頂きました。

からあげ、お煮しめ、シチュー、お寿司、焼き鳥、お菓子、ジュース・お酒などなど・・・お腹いっぱいでした!

下郷さんさメンバーのご実家や、支所の方のお宅にも伺い、面白かったです。

 

 

最後には、有志で宮守駅に集い、各団体が御神輿・和太鼓・さんさを披露して終了となりました。

さんさでは、最初女性6名で踊っていたところ、気付けばたくさんの人が飛び入りで踊ってくれていました。嬉しかったです。

大勢で踊れて楽しかったです!

たくさんのスタッフの方々に支えられ成り立っていることを実感した2日間でした。

皆様、本当にありがとうございました。

 

御神輿

 

和太鼓

 

 

108日には、支所最大のイベント、躍進みやもり祭が開催されました。

私は所用により午後からの参加となりましたが、すでに多くの人でにぎわっていました。

 

遊具のトランポリン。子どもたちに大人気!

 

ステージでは、ちょうど上宮守さんさを見ることができました。

先日、私の住んでいる大川目地区でかつて踊られていた大川目さんさの映像を見させてもらったのですが、それとよく似ていました。

大川目から上宮守に伝えたとお話を伺ったので、納得でした。

私は下郷さんさをやっていますが、同じさんさでも全然違う踊りで不思議です。

 

 

牛乳早飲み競争では、ストローが細すぎてなかなか減らず、苦戦していました。

 

 

途中、お茶席でおいしいお茶を頂きました。

お茶菓子もついていて本格的!落ち着く空間でした。

 

 

お楽しみ抽選会では、司会を担当しました。

盛り上げられたかは不明ですが、何とか無事終えることができて良かったです。

抽選会より最後のもちまきの方が人が集まっていて、あれ?となりましたが・・・(笑)

 

支所の皆様、準備・運営・片付けと本当にお疲れ様でした!

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:31
comments(1), -, pookmark
3連休は宮守へ!

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

3連休の最終日である108日(月)、「躍進みやもり祭」が開催されます!

会場は、宮守総合支所前になります。

 

 

宮守町内の子どもたちや郷土芸能団体によるステージ、ミニコンサート、スタンプラリー、ゲーム大会など、盛りだくさんのイベントを準備しています。

トランポリンやバッテリーカーなどの遊具も充実しておりますので、ご家族で是非ご来場ください!

お茶席も設けているので、まったり休憩もできますよ。

 

近所のJA(農協)さんもイベントを同時開催しており、目玉商品が多数出品されるそうです!一説によると、飲むヨーグルトがおすすめなのだとか・・・!

 

道の駅みやもりから程近い場所となりますので、めがね橋を見に来た方も是非お立ち寄りください!

 

ステージイベントの最後には豪華景品が当たる抽選会を予定しておりますので、どうぞ最後までお楽しみください!

 

なお、諸事情により、私は当日午後より会場入りの予定です^^;

 

前日の7日(日)には、前夜祭として「婦人祭」が開催されます。

みやもりホールで、午後7時から始まります。

 

地域の女性たちがいろんな演目で会場を盛り上げてくださいます。

ここでしか見れない貴重なステージも見られるかも?!

 

支所チームも特別出演します。皆さん忙しい中、仕事の合間に練習を重ねておられます。

その風景を何度か見学させてもらいましたが、とても感動しました。

是非ご注目ください!(出れなくて非常に残念&申し訳ない限りです・・・)

 

 

 

支所の職員さんたちと、鋭意準備中です!

 

皆さんに見守られながらのぼり用のくい打ち。ヘタすぎて・・・

 

宮守総合支所一同、皆様のお越しをお待ちしております!

 

ひょっこりお待ちしてま〜す

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:35
comments(0), -, pookmark
念願のSL銀河旅

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

9月の休日、ついにSL銀河に乗ることができました!

ここで初めてSLお出迎えをした時から、いつか絶対乗る!と心に決めていました。

念願かなってとても嬉しいです。

 

 

以下、内装写真を掲載しておりますので、まだ乗っていなくてネタバレ禁止の方は、閲覧にご注意ください!

 

 

最寄り駅である宮守から乗車し、終着駅の釜石まで行ってきました。

11:20頃に乗って、15:30頃到着しました。

途中、遠野で車両点検のため一時間ほど停車します。

 

 

乗車してすぐ、内装の素晴らしさに気分が上がりました。

早速、車内の撮影会開始です!

 

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をモチーフにしていることから、車内も関連した展示がたくさんありました。

 

 

 

 

一番後ろの車両には、プラネタリウムを見れるコーナーが設けられていました。

細かいところまでこだわりがすごいです。

 

10分間ほどの内容。美しい映像でした。

 

宮沢賢治の世界観を通して見る岩手もまた面白く、もっと宮沢賢治のことを知りたくなりました。

いつか花巻の資料館にも行ってみようかな。

 

 

 

 

 

釜石線の各駅に宮沢賢治は別の名を付けています

 

汽車から見る宮守・遠野の景色も、いつもと違って新鮮でした。

ここはドライブも楽しいけれど、やっぱり汽車(電車)移動も好きだな〜

 

宮守のmm1のところ。見物客の方々が手を振ってくれていました。

 

綾織町の田んぼ

 

少しもったいない点もありました。

座席はすごくふかふかで気持ちよかったのですが、前後の間隔が狭く、少し窮屈でした。

なので私は、ほとんど指定席に座らず、広い自由席に座ったり、立ち見したりしていました。

また、車内表記がすべて日本語のみで、外国の方にやさしくないなと感じました。

アジア系の乗車客も増えているという流れに即して、変えていったほうがよいのではないかな〜と思いました。

車内放送も日本語のみだったので、おそらくプラネタリウムの存在も分からなかったんじゃないかと・・・

 

釜石に到着すると、そこでもお出迎えがありました。

 

 

 

虎舞の演舞は初めて見ました。

低姿勢で虎を演じており、すごかったです。

 

折り返しの時間まで、ちゃっかりミッフィーカフェに寄って癒されてきました。

 

かわいいラテアート

 

汽車旅満喫の一日となりました。

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:27
comments(1), -, pookmark
下郷さんさと過ごす遠野まつり

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

15日・16日は、一大イベントである「遠野まつり」に参加してきました。

2日間、下郷さんさの一員としてメンバーに加えて頂き、遠野の街中を踊り歩きました。

両日とも天気が危ぶまれていましたが、何とか持ちこたえてくれました!

 

各団体とても気合が入っており、街中が熱気であふれていました。

こんなに郷土芸能が集まるお祭りは始めてだったので、面白かったです。

出演に必死でゆっくり見れず、写真もあまり残せなかったのは少し心残りですが・・・

 

同じさんさ踊りでも、山口さんさはゆったりとしたやわらかい踊りで、全然違うことを知りました。

比べると下郷さんさは結構動きが激しいです。

でも、不思議と自分が所属しているところに愛着がわくもので、下郷さんさの踊りがやっぱり好きです(笑)

 

山口さんさ。下郷さんさと違い、おそろいの衣装に身を包んでいます。

 

15日は、午前中、先に宮小さんさに加わり、郷土芸能パレードに出演しました。

宮小さんさでは、欠員が出たところに混ざって、宮守小学校の46年生と一緒に踊りました。

みんなよく踊りを覚えていたので、私も負けじと頑張りました(笑)

 

駅前に続く通りを30分間踊り続けるのはなかなかハードで、最後は息切れ状態に・・・

大人でもこの状態なのに、子どもたちは大丈夫だろうか?と思っていたら、みんな疲れを見せず最後まで頑張っていました。

さすが、現役小学生の体力は違う!

 

午前のパレード終了後は、先に3班に分かれていたチームに合流し、一緒に門かけをしました。

門かけでは、商業施設や企業を訪ね、それぞれの場所で踊りを披露しました。

地元の企業・商店だけでなく、コンビニや携帯ショップ、チェーン店などでも行ない、面白いな〜と思いました。

こんなところでもやるとは、今まで住んでいたところでは考えられないです。

時には、飲み物やお菓子を用意してくださっているところもあり、一息ついてまた次へ!

 

17時以降は再び駅前に続く通りに戻り、今度は下郷さんさとして郷土芸能共演会に参加しました。

通りの各所に郷土芸能団体が配置され、演舞を一斉に始め一斉に終えるという内容でした。

ここでも30分間踊り続けました。(過酷・・・)

たち踊り、組み踊り、そそぎ、輪踊りを各2回ずつ披露しました。

終演後、歩道で見学していたお客さんに、「きれいだったよ!」「良かったよ!」と言って頂けて嬉しかったです。

 

16日は、遠野郷八幡宮へ向かい、午前中ゆっくり休んで、午後から活動が始まりました。

各団体が持ち場でブルーシートを敷いて座っていたのですが、そこでも門かけを行ないました。

子どもたちは待機で、ベテランの女性陣とともに踊ることになり、とても緊張しました。(もしかしたらここが一番緊張したかもしれない・・・)

 

笠をかぶって準備開始!

 

太鼓部隊もたくさんいます

 

そうこうしているうちに流鏑馬が終わり、郷土芸能団体の馬場巡りが始まりました!(今回もあまり流鏑馬見れず・・・残念)

 

似田貝神楽

 

下郷さんさも、14時ごろから馬場入りしました。

ただひたすらに前へ前へと踊り、進んでいきました。(過酷・・・Part2

もともと15番の踊りで構成されているのですが、前進しながら踊る際は変則となり、1番から急に4番にとぶことがあります。

そのトラップに何度かかかってしまいましたが、何とか最後まで踊りきることができました。

 

出番が終わると、残りの門かけをしにバイパス沿いへ向かいました。

16時半ごろすべて終了し、集会所に戻って打ち上げをして、長い長い2日間が終わりました。

 

 

顔が死んでいるのは・・・お察しください(笑)

 

やはり遠野という場所柄もあってか、遠野周辺地域の郷土芸能団体は観客の盛り上がりが大きく、うらやましかったです。

あんまり宮守から見に来る人はいないのかな〜

 

下郷さんさには同年代の女性も多く、これを機に知り合うことができました。

まだ始めて間もない私を、温かく迎えてくださったメンバーの皆さんに感謝です。

おかげさまで、とても楽しい時間を過ごせました。

 

何回踊ったか分からないほど踊ったので、踊りも覚えることができました。

あとは、もっとしなやかに踊れるようになりたいものです。

歌も覚えたいなぁ。

 

次の出番は、929日(土)・30日(日)の砥森神社例大祭です。

こっちは遠野まつりどころではないぞ〜と脅されているので、一層頑張りたいと思います!

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:26
comments(2), -, pookmark
15日・16日は遠野へ!

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

秋風が気持ち良い季節になってきました。

遠野はすっかり秋模様です。やっぱりこの季節が一番好きだな〜

 

明日明後日、遠野最大のイベント「日本のふるさと 遠野まつり」が開催されます!

遠野の郷土芸能団体が、年に一度大集結するお祭りです。

(詳細はこちら:https://tonofestival.iwate.jp/

 

遠野には、神楽・鹿踊(ししおどり)・さんさ踊り・南部ばやし・田植え踊りなどの団体が数多く存在します。

同じ神楽でも、地域ごとに少し動作が異なるなど、奥が深いです。

 

15日(土)は、遠野市街で、御神輿と郷土芸能のパレードが行なわれます。

16日(日)は、遠野郷八幡宮にて、流鏑馬と郷土芸能団体の馬場巡りが実施されます。

 

協力隊も毎年参加しており、私も宮守町の下郷さんさで両日出演します。

出演時間外でも、市内で門かけをして回るようなので、どこかで見かけるかもしれません。

今回はミスなく踊れるよう頑張ります!今夜は自主練に励みます!

 

ひょんなことから、宮小さんさ(宮守小学校の生徒さんによるさんさ)にも出ることになりました。

小学生に混ざっても、身長的には全く問題なしだと思いますが、25歳としては少し複雑です(苦笑)

 

遠野まつりのスケジュール

 

お時間ある方は、少しだけでもぜひ見に来てください!

郷土芸能に興味のない方でも、見応え抜群で楽しめると評判です。

ぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてご鑑賞ください。

私も、見るのも出るのもとても楽しみです!

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 11:57
comments(1), -, pookmark
これぞ遠野!なホップ&ジンギスカンイベント

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

824日(土)、ホップ収穫祭のお手伝いをしてきました!

いろんなビールのお店が集結し、たくさんのお客さんでにぎわっていました。

 

 

遠野産ホップを使用したクラフトビールや、遠野産フルーツ・野菜を掛け合わせたフローズンビールなど、一風変わったものも多数販売されていました!

そんな中、私はハイネケンの販売を担当しました。

ハイネケンは、隣の釜石ラグビーワールドカップPRブースの後援ということで出店していました。

応援で来られたキリンビール仙台支社の方、ボランティアで来た岩手大学3回生の方とご一緒させて頂きました。

 

 

変わり種が多い中、普通のビールということで売れ行きが伸び悩みハラハラしていましたが、結果的には無事目標達成できました!

ハイネケンの熱烈ファンの方に大いに助けられました(笑)

また、私の知人もたくさん遊びに来ており、皆さんハイネケンを購入してくださいました!

皆さんの優しさが身に染みました。本当に嬉しかったです。

 

ステージでは、仙人太鼓、ドイツ民謡、ダイヤモンド☆ユカイによる特別ライブなどがありました。

 

お酒の入った皆さんは、各々好きに歌って踊ってとても楽しそうでした。

それをシラフで眺める売り子3人との温度差はいうまでもなく…(笑)

 

 

 

825日(日)、この日はホップ収穫祭の手伝いをお休みして、じんぎすかんマラソンのスタッフをしてきました!

 

 

“じんぎすかん”と名前がつく通り、参加者には遠野名物ジンギスカンがふるまわれます。

私はそのジンギスカンふるまいコーナーを担当しました!

ずっとこのコーナーにいたので、あまりマラソン感はなく、ジンギスカンの印象だけが強く残りました(笑)

 

 

この日はあいにくの雨で、私たちスタッフもびしょ濡れに…

肉を焼く係の方々は、最後には「もうしばらく、にぐ食いだぐねぇー」という状態になるまで、身を挺して焼いてくださいました。

裏方の影の努力によって成り立っているのがイベントというもの。

走者の皆さんも、スタッフの皆さんも本当にお疲れ様でした。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 13:44
comments(1), -, pookmark
夏の農作業

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

一面緑だった田んぼも、稲穂が実ってきた今日この頃。

 

少しさかのぼって夏に入り、夏野菜の収穫が次々とやってきました!

ミニトマト、ナス、ピーマン、きゅうり(ミニキュウリも!)、玉ねぎ、じゃがいもなど…

 

玉ねぎの収穫。なかなかの重労働!

 

収穫はできなかったけれど、トウモロコシやカボチャ、ブルーベリーや桃なども頂きました!とってもおいしい!

関西ではあまり馴染みのない夕顔もここではよく見かけます。お盆には欠かせないのだそうです。

収穫は楽しいけれど、苦手なものが多い夏野菜…

おいしく食べられる方法を日々模索中です!

 

焼きもろこしを作ってみました。隣の夏っぽい置物も実は手作り!

 

大粒ブルーベリー。元々苦手でしたがおいしくてパクパク食べちゃいました。

 

わざわざ取り置きしてくれていた桃。贅沢極まりない!

 

中でも私がハマったのはミニトマトの収穫です。

最初にミニトマトのハウスに入ったとき、トマトの青々しいにおいに癒されました。

また、ハウスの隙間から光が差し込み、「あぁ〜、夏だなぁ」と何とも表現しがたいほっこりとした気持ちに包まれました。

 

収穫は結構時間のかかる作業で、時間・体力との勝負でした。

肩は痛いけれど、不思議と苦ではありません。

収穫する色の判別が難しいところですが、お世話になっている農家さん、穏やかでとっても優しい方なので、誤って取ってしまっても、いいよ〜と許してくださいます(笑)

おかげで思う存分取れています。(甘えすぎ…)

まだまだ取れるので、たくさん収穫したいと思います!

 

収穫の他には、トラクターを使って土を耕し、手押しの機械とクワを用いて畝立て・マルチ張りもしました!

全くの未経験でしたが、根気強く教えて頂いたおかげで、ちょっとずつクワの使い方も分かってきました。

炎天下の作業はなかなかきついですが、いい疲れとなって心地よく眠れます。

 

 

お盆前には、大勢の方とお盆花の作業をしました。

近年、協力隊の恒例行事となっているようです。

この時期はかなり忙しくなるみたいで、農家さん宅で前泊し、朝4時から作業を開始しました!

さすがにこの日はへとへとに…

たくさんの量の花束が出来上がりました!全部売れてしまうというのだから驚きです。

 

ありがたいことに、日々いろんなことを経験させて頂いています。

大変なこともありますが、それ以上に楽しんで取り組めています!

案外、農作業は嫌ではないようです^^

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 13:29
comments(1), -, pookmark
間近で見れる!遠野の花火大会

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

815日は、遠野納涼花火大会でした。

 

関西の花火大会は、とにかく人混みがすごく、人を見ているのか花火を見ているのか分からない状態でした。そして蒸し暑い!

人混みが苦手な私は、結局行くのが億劫になり、テレビで生中継を見て過ごす…なんてこともよくありました(笑)

 

今回もどうしようか悩んでいたところ、協力隊OGの方が誘ってくださり、見に行くことにしました。

 

開始前まで雨が降っており、一時はどうなることやらでしたが、花火の時間には持ちこたえてくれました!

 

 

浴衣を着た学生さんなど、思いのほか若い方がたくさん見に来ていました。

人はそこそこいるけれど、花火の打ち上げ付近は結構空いていたので、近くまで行くことができました!

 

 

体全体に、ドーンという響きが伝わってきました。

ここまで間近で見たのは初めてで、すごく迫力がありました。

シンプルな花火多めでしたが、それがまたいい感じでした。

 

 

涼しくて人混みにあわずゆっくり眺められる。

心地よい夏のひと時でした。

 

(なぜか全部横向きになってしまい、見づらくてすみません…)

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 13:28
comments(1), -, pookmark
めがね橋夜まつりと下郷さんさデビュー

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

813日、宮守町で「めがね橋夜まつり」が開催されました。

和太鼓、さんさ、神楽など、全部で6団体が出演しました。

私自身も初めて見る団体もあり、見応えがありました。

 

出演者の皆さんで力を合わせて設営!特設ステージです

 

今回も、達曽部地区センターの職員さんとともに司会を担当しました。

いつも的確にアシストしてくれる頼れる存在です。いつもありがとう。

回数を重ねるごとに、少しずつ司会もやりやすくなってきたかなぁと感じています(笑)

 

そして、今回は司会だけでなく、下郷さんさ踊りの一員としても出演しました!

ついに郷土芸能デビューです!

なお、下郷さんさ踊りは、宮守町・下郷地区に伝わる郷土芸能で、

全国的に有名な盛岡さんさとはまた別物になります。

 

7月下旬から、夜まつり出演を目指し、個人レッスンをして頂きました。

最初は散々なものでしたが、おかげさまでひとまず形にはなるようになりました。

踊り手の皆さんは、手足の動きがとてもしなやかで美しいです。

そのレベルに達するには、まだまだ時間がかかりそうですが…

 

当日は、地域のお母様方にきれいに着付けをして頂きました。

今となっては着る機会が減ってしまったからか、着物を着ると不思議と気分が上がります。

下郷さんさの前掛けに鈴がついているため、歩くたびにシャリンシャリンと音が鳴って可愛いです。

 

独特な着方で可愛らしい衣装

 

着物を着て一回ぐらいは練習したかったのですが、その暇もなくぶっつけ本番に!

もうやるしかねぇ〜と半ば投げやりな気持ちで臨みました(笑)

 

案の定、手拭いが肩から落ちてきたり、手甲のひもがほどけたりと着くずれ続出…

そちらに気を取られているうちに踊りもおぼつかなくなり…

はい、たくさん間違えました。

 

反省すべき点は多々ありますが、それでも楽しかった!

またリベンジしたい!と思えました。

 

知り合いの方々にも、普段と違う一面をお見せできたかな?と思います。

 

じっくり鑑賞するのも良いですが、やる方もまた楽しいです。

 

協力隊として来なければ関わることもなかったであろう郷土芸能。

実際にやることで、地域をより身近に感じることができた気がします。

このような貴重な機会を頂き、感謝です!

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 15:08
comments(1), -, pookmark