RSS | ATOM | SEARCH
消防演習とラッパ隊ドリル演奏

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

5月もいろいろと活動したのですが、これだけ先に書かせてください。

 

527日(日)、早瀬川緑地公園にて、消防演習が開催されました。

消防演習では、遠野市の消防団が一堂に会し、消防訓練を行ないます。

そして、遠野市消防団ラッパ隊の日頃の練習の成果を発揮する場でもあります!

 

普段お世話になっている若手農家さんの中でも、消防団に所属している人は多いです。

人口が少ないという要因もあるかと思いますが、市民と消防の距離が近い町という印象を受けました。

 

遠野小学校から全員で行進し、現場へ向かいます

 

消防団による放水訓練

 

救助ヘリによる訓練まで!圧巻のスケールです

 

遠野市に来て一週間も経たない頃から、右も左も分からずラッパ隊に参加し、練習してきました。(全くのラッパ未経験です)

平日19:3021:00の練習に、片道30分かけて通っていました。

最初は道を覚えていなくて不安だし、夜道も明かりが少なくて怖かったです。

また、毎日活動で疲れた後に急いで準備して行くのも大変でした。

けれど次第に慣れていき、いつしか練習に行くのが当たり前の生活になっていました。

 

5月からドリル演奏の練習が本格化し、行進の動きを覚えるのに苦労しました。

物覚えが悪く、一つ覚えたら一つ忘れるという悪循環にさいなまれました。

なかなか覚えられない自分が情けなくて、悔しくて、自分みたいなやつがやるべきではなかったのかもしれないと思うこともありました。

それでも、見捨てずに指導してくださる先輩方がいたから、本番まで頑張ることができました。

 

このようにいろんな隊列を取ります

 

本番が一週間に迫ってきた頃、このままではいけないと思い、隊長が貸してくださったラッパ隊のDVDを何度も見返し、自分の隊列の動きをノートに書き出しました。

これが結構効果的でした。(頭の中がキャパオーバーだったので…)

 

これはほんの一部

 

ドリル演奏をできるまでになるには、私一人の力では到底成しえませんでした。

いつも気にかけて声をかけてくださった小山隊長、何から何まで世話を焼いてくれた事務局の須田さん、そして根気強く熱血指導してくださった協力隊OGの樋口さんはじめ、多くの方に支えられ励まされ、無事本番を迎えることができました。

終演後に、隊長から「よく頑張ったな」と言われたとき、思わず目頭が熱くなったのはここだけの話…

 

天気にも恵まれた美しいフィナーレ

 

決して楽しいことばかりではなかったけれど、その分やり終えた後の達成感は半端ないものでした。

本当にやって良かった、こんな貴重な経験をさせてもらえて恵まれていると感じました。

 

たった十数分の演奏に込められた隊員の想いは、かなり熱いものがあります。

ぜひ一度見て、感じてください!(消防演習は一般の方も観覧可能です)

これからラッパ隊を一緒に盛り上げてくれる仲間も増えればいいなぁ。

 

しばらくラッパ隊の練習はお休みです。

これから夜の時間がすごく長く感じられそうです(笑)

今回はエアラッパだったので、今後は音だしの練習に力を入れていきたいと思います。難しいけど。

やるからには鳴らせるようになりたい!

 

集合写真。私は前列左端。本当に皆さんありがとうございました!

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 14:24
comments(5), -, pookmark
4月の活動 振り返りイベント編

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

もう5月が終わろうとしているのに、いまだ4月の振り返りで申し訳ありません…

 

遠野市はイベントが多く、毎月何かしらのイベントが開催されています。

私も4月から早速参加してきました。

 

421日(土)は、最寄りの宮守駅へ、SL銀河のお出迎えに行ってきました。

SL銀河は、花巻〜釜石を結ぶ観光列車で、4月から9月まで、毎週土日(一部変動あり)に運行しています。

宮守駅にも、15分ほど停車します。

その間に、駅のホームでカントリーダンスやさんさ踊りなどで観光客をお出迎えしています。

支所の職員さん、地域の関係者の皆様で、毎月駅舎を盛り上げています。

私は、プチエンジェルの皆様ご指導の下、カントリーダンスを踊りました。

短時間で覚えるのは大変でしたが、楽しかったです。

カントリーダンスは、音楽に合わせて足のステップと手拍子でリズムをとります。

簡単な動きなので、観光客も一緒に踊ることができます。

 

手前のピンクがカントリー(プチエンジェル)、奥がさんさ(下郷さんさ)

 

支所長直々に写真を撮ってもらえることも!

 

普段なかなか目にすることのないSLに、私も観光客に交じって大興奮でした(笑)

そして、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜に」をモチーフにした外装・内装の可愛いこと!

いつか絶対乗ると心に誓いました。星好きにはたまらないです。

最近は、「宙(そら)ガール」と呼ばれる、星や宇宙に興味のある女性や若者も増えています。

都会に住むそういった人たちにも、これを目当てにぜひ遊びに来てもらいたいです。

乗客の皆さんには、年度初めの一回に限り、支所から素敵なお土産もありますよ!

 

こんな風に写真を撮れます。観光客に紛れてちゃっかり(笑)

 

宮守駅近くのめがね橋から撮った写真。まるで物語の1ページのよう。

 

宮守でもぜひ写真を撮って行ってください!

 

 

429日(日)は、「南部氏入部行列」に参加してきました。

こちらは、4月末から5月頭にかけて開催されている「さくらまつり」の一環で、毎年行なわれています。

かつて南部氏が八戸から遠野入りした模様を再現したものです。

当時をイメージした格好で遠野の街を練り歩きます。

例年、殿様役は市長だったそうですが、今年は遠野出身のIBC(岩手放送)のアナウンサーが抜擢されたことで注目を集めていました。(遠野に来たばかりの私には、その衝撃が分からなかったのですが…笑)

 

着物の着付け、プロのヘアメイク、小道具など、かなり本格的でした。

私は清心尼公(女殿様)行列に参加し、笠をかぶって局役を務めました。

違う自分になったみたいで楽しかったです。

遠野市民の方もそうでない方も、ぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか。

過去にタイムスリップした気分を味わえますよ。

 

足元まで可愛い。(諸事情により写真は少なめです…)

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 11:53
comments(0), -, pookmark
4月の活動 振り返り農作業編

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

今回は、受入先での活動について振り返りたいと思います。

 

着任してから23日ぐらいは、お世話になっている協力隊受入先へあいさつ回りを行ないました。

遠野市の活動先は種類も範囲も幅広く、その数30件ほど!

受け入れてくださる方がこんなにいることは、本当にありがたいことです。

一生懸命取り組み、協力してくださる方々の想いに応えていきたいです。

 

4月は、早速6件の活動先でお世話になりました。

原木しいたけ植菌、ミニトマト苗作業、養蜂巣箱作業、山菜収穫、アスパラ収穫、花苗・稲苗作業、産直出荷など、多岐にわたり作業を行ないました。

この時期は苗の作業が多いようでした。

地道な細かい作業ですが私は好きです。(手先の器用さを褒められて舞い上がっていただけかも?笑)

今まで土いじりをはじめ、農作業と言われることを全くしてこなかったのですが、活動先の皆さんが優しく楽しく教えてくださるおかげで、楽しみながら取り組めています。(時に肩や腰にくることもありますが、寝れば治るよくできた体で助かっています 笑)

日に日に活動したい欲が湧いており、休日でも活動日が待ち遠しいほどです。

 

活動先の風景。ワサビ農家さんの近くには綺麗な川がありました。

 

一緒に収穫したノビル。切り口からはネギのような香りが!

 

いろいろな方にお話を伺っていると、最初から農家だった人は案外少ないという発見がありました。

定年を迎えてから始めた人、脱サラして始めた人、兼業していたけれど一本に絞った人など…

のびのびと自分のペースで働いている皆さんの姿が印象的でした。

「朝早く夜遅くなることもあるけれど、自分のペースでできるから苦ではない」

「自分次第でどうとでもできるのが楽しい」

そうおっしゃっていた若手農家さんがいました。

皆さんとの会話の中で、今後の人生を考えるうえで参考になるお話をたくさん聞くことができました。

今まで自分の周囲にいた人たちとは違う人生の先輩ばかりで、学ぶことの多い充実した日々を送っています。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 16:36
comments(0), -, pookmark
4月の活動 振り返り〇拿衒

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

4月の活動を振り返っていきたいと思います。

 

411日(水)、星をモチーフにした駅舎の可愛さにテンションが上がりながら、JR釜石線に揺られて宮守駅へと到着。

早速、遠野市宮守総合支所(以下、支所)の皆様・先輩移住者のお二人に温かく迎えていただきました。

この時、すごくほっとしたことを覚えています。

 

 

 

412日(木)は、市長のところへ着任挨拶に伺いました。

遠野テレビ、岩手日報、市の広報室のカメラに囲まれ、とても緊張しました。

のちに自分が出ている新聞記事やテレビ放送を見て、不思議な気持ちになりました。貴重な初体験となりました。

 

 

その日のお昼は、支所の協力隊担当の方と、「伝承園」でひっつみをいただきました。

関西ではなじみのない食べ物でしたが、とても食べやすく、すぐお気に入り料理となりました。

 

 

413日(金)は、支所の皆様が歓送迎会を開いてくださいました。

家の近くの「よねたや」にて、遠野で有名なジンギスカンを初めていただきました。(今まで有名とは知りませんでした…)

もともとラム肉は苦手だったのですが、こちらのジンギスカンは独特の臭みがなく美味しかったです。

やはり名所で食べると違うものなんですね。

 

 

4月の活動 振り返り◆廚悗弔鼎→

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:05
comments(0), -, pookmark
就任のご挨拶とお詫び

皆さん、初めまして。

 

16代目 緑のふるさと協力隊として4月にやってきました、岡田佳奈です。

 

まず、ブログの更新がセキュリティの関係で遅くなってしまったこと、お詫び申し上げます。

ようやく体制が整いましたので、これから徐々に更新していきたいと思います。

 

早いもので、遠野に来てもうすぐひと月になります。

この間、さまざまな活動先でお世話になりました。

おかげさまで、日々楽しく過ごせています。

これまでの活動については、後日更新しますので、今しばらくお待ちください。

 

簡単ではありますが、これで最初のご挨拶とさせて頂きます。

 

一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

見かけたら気軽にお声掛けください!

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:04
comments(0), -, pookmark
お世話になりました!

ご報告が遅れましたが、3月14日までを遠野での活動日とし、3月15日から東京で総括研修、17日はエキサイト☆ふるさと(同期17名による地域展示及びグループ発表、懇親会)があり、昨日実家の兵庫県神戸市に帰宅しました。

17日の個人ブースでは、遠野の特産品(じんぎすかん鍋や高橋蔵さんの蜂蜜、福地孝市さんのわさび菜漬け、宮守上流組合のどぶろく、まつだ松林堂の明けがらすや雛祭りで頂いたつるしびなやくるみの木の皮を使用したかごやしめ縄など)の展示をしました。展示スペース足りない!!

一年を一言で表し、、、

一番最初は岩手県一関市川崎地区派遣のパコちゃんが布佐神楽の「御神楽」を披露。自分も湧水神楽を踊らせてもらったので大変さが良くわかり、また同期が踊っているということでとても感動しました。

地域のたから、地域のこれから、働き方にテーマを絞ってのグループ発表を行いました。私の班は地域のこれから=たから(人や技、自然)の活かし方についてでした。私は遠野で関わったおじいちゃんおばあちゃんと手仕事が”たから”であると発表し、それを伝えたくて遠野で教わった藍染めTシャツと布草履を履いて発表に臨みました。↓発表のようす。会場には120名程の人が!

時をさかのぼって遠野での3月は挨拶まわりをさせて頂き、荷造りをしていたらあっという間でした。関わった多くの方々に送りだしてもらいました。

↑消防団ラッパ隊の皆さんと。

3月に入って、少し温かくなり、4月に来た頃を思い出します。遠野の右も左もわからなかった頃が懐かしい。。季節毎に異なった仕事を経験させてもらって、私の30ウン才の人生の中で一番濃い一年間になりました。お世話になった方に「なんか逞しくなったなぁ」と言われ、嬉しかったです。自分から逃げることのできない協力隊。地域の色々な方々と接する事で自分自身と対峙することが多く、自分のことが前より良くわかりました笑。机上の「自己分析」より遥かにオススメです。正直なところ、私が地域に入ってしたことよりも、地域の人に頂いたものや学んだ事の方が圧倒的に多く、恩返ししきれませんが、私なりの方法で遠野をアピールできたらな〜と思います。

早速、東京のとあるホステルに遠野のパンフレットを置かせてもらいました。明けがらすをお客さんに食べてもらったところ、韓国人の女の子に大人気で、韓国でも食べれたらいいな!とのお声を頂きました。東京に行ってみて思ったことは、自慢できる故郷があるっていいなってことです。

遠野の皆さん、一年間本当にお世話になりました!里帰りした際はまたどうぞ宜しくお願いします!

 

 

 

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 14:14
comments(1), -, pookmark
雛祭り

達曽部の宿(しゅく)集会所でも約一週間の間、雛祭りが行われていました。

私も2回目の雛まんじゅう作りに挑戦!前回宮守で作ったときとはまた少し違った味。こちらもとても綺麗で、柔らかくて美味しい!宿集会所では毎日100個ほどご近所の方がまんじゅう作りをされます。私も10個くらいは作ったかと思いますが、たいした戦力にならず。地域の方や近所の方が訪れ、雛飾りを鑑賞、雛まんじゅうを頂きます。

まんじゅう作りのあとのお昼タイム。お母様方の腕をふるったごはんを頂きました。おにしめも漬け物もばっけ(ふきのとう)の天ぷらもおいしい!!!

千葉ちえさんの花寿司!本当に美しいですね。

使わなくなった帯にデコレーションした壁飾り。オシャレ!!!

お守りがわりのわらじストラップは私も使用しております!

午後は折り紙で作る傘作りをみなさんでしました。可愛い!

つるしびなは家にあるきれなどを使用しあるもので作ります。私が遠野行きを決めたひとつに、つるしびなの写真を見て綺麗だなぁと思った、というのがあります。あるもので美味しい物を作ったり、美しいものを作ったり、何でも作りあげる遠野の女性たち。そんな凄いイアーティスト達が普通にそこらへんにいることに毎回驚かされます。お料理の得意な方に、「昔から得意だったんですか?」と聞くと、「家族を持ってからよ〜」とのこと。子供や家族のために毎日ごはんを作る事から発展していったんだな〜と思います。つるしびなも子供用のおもちゃを手作りしたことが始まり。誰かのために何かをする「愛情」が形になったものなんだなぁ、と。「早く嫁に行け!」と4月からずっと言われてきた私。4月は「ほっといてよ。。」と思っていましたが、今は、「い〜かも〜」に変わりました。私の家族感に多大な影響を与えたお母さん達はすごい!

こちらは宿とは関係ありませんが、この時期に迷岡で手作り和菓子をされている方の作品。みかん!とかリアルすぎて驚きました。沢山の名作品を目にした遠野の雛祭り。人生で初めてこんなにワクワクした雛祭りとなりました!

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 09:18
comments(0), -, pookmark
雛祭り

2月末から3月3日頃まで、遠野市内の様々な地区で雛飾りが飾られていました。つるしびなというカラフルな飾りが独得です。まず訪れたのは松崎町。市内でも有名なひなまつりです。

遠野祭りや南部氏入部行列が再現されていたり、

鹿踊りの人形たちも!湧水もばっちりありました。

蓮の実の中からこんにちは!

つるしびなも可愛かったり綺麗だったり、皆さんの技の細かさに驚くばかり。最後の写真はつまみ細工という手法で作られたもの。次は地元(達曽部)の宿集会所の雛祭りへGO!

 

 

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 16:52
comments(0), -, pookmark
雛まんじゅう作り講習会

 

食の匠の佐藤スガ子さんによる、雛まんじゅう作り講習会が開催されました!↑スガ子先生の作品。遠野市で食の匠と認定されている方は10人しかいないとか!

茹で上ってきた生地をあげ、冷水にさらす。

あんこをくるむ、成形タイム。色とりどりに着色した生地は薄く内部に使用します。

皆さんも興味津々。様々な形に、すごい速さで成形されます。手つきが美しいこと!昔はきりせんしょのように木製の型にはめこんで作っていたようですが、今はへらなどを用い、手作業で模様をつけていくのが一般的だそうです。

こちら先生の作品2回目。

私作。型は思いっきりつけるのがコツのよう。

作成後は準備頂いていたばくろうめしと豆腐とネギの味噌汁のお昼ごはんと一緒に試食。食べ応えのある雛まんじゅう。匠の技を生で見る事ができ、とても貴重な経験となりました。気になるレシピはこちら

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 20:21
comments(0), -, pookmark
冬、そして骨折

今年の遠野の冬は例年にないほど早く雪が降り(12月から)、その量も多いと遠野人は言います。

自分の足跡

宮守総合支所から川沿いの道からの眺め。一面の(誰にも踏まれていない!)雪景色!

この時期、家の屋根の雪からつららが生成されています。

冬は氷点下以下になるため、水道管の凍結を防ぐ、「水おろし」なる作業を毎日寝る前にしないといけません。要は水道を元栓から閉めるということです。元栓は台所の窓をあけたところにあるのですが、台所自体が寒く、窓も凍るのですぐ開きません。その日は部屋でぬくぬくしていたので、「あ〜もう面倒くさいなー。最近温かいから大丈夫やろ」と思ってうっかり元栓をしめず、凍結してしまい、水が使えない日を2日ほど経験しました。。そうゆう日に限って起こるんですねぇ。朝4時には凍っていませんでしたが、7時には全く水が出ませんでした焦。凍結してしまった場合は、水道管をドライヤーで暖めたり、温かいタオルを巻いたり、結局もっと面倒くさいことになります笑。しかも破裂してしまう場合もあるので、やはり水おろしはしないといけないのです。。これも雪国ならではの経験!

←葉っぱからのつらら!

そして。。やってしまいました、雪山での骨折。スキーに行った日にスノーボードと衝突、左足の腓骨を折ってしまいました。ギプスをつけ、約2週間後にとれる予定ですが、現在活動先での仕事をお休みして、毎日支所作業をしています。ご近所の方々からは、食べ物を頂いたり、雪かきをして頂いたり、心配して見にきてくれたり。。運転も雪道なので控えるようにということで支所の方に毎日送り迎えをして頂いています。本当、有り難いのと申し訳ない気持ちで一杯です。人生、何が起こるかわかりません。衝撃ではありましたが、これも経験、勉強!という風に捉えています。皆さんもくれぐれも雪道には気をつけてくださいね!

 

 

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 21:11
comments(0), -, pookmark