RSS | ATOM | SEARCH
緑のふるさと協力隊活動報告と鱒沢神楽初舞

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

1月以降、なかなかブログを更新できなくてすみません。

協力隊活動報告の準備諸々に追われておりました・・・(ただの言い訳です)

協力隊の活動も、早いもので残り一ヶ月。314日、総括研修に向けて東京へ旅立ちます。

それまでに、たくさん更新したいと思います!

といいつつ、一つやることが終わったら、次はこれ、次はこれとやることがやってくる現実・・・頑張ります。

 

その協力隊の活動報告も、210日(日)にようやく終わりました!

いよいよ活動も終盤だな〜としみじみ感じます。本当に、ここまで早かったです・・・

 

一年間の活動報告ということで、気合いを入れてパワーポイント(発表資料)を作りました。

学生時代ぶりでしたが、思いのほか操作を覚えているもので、納得のいく出来に仕上がりました。

支所の皆様にも、何度も発表をチェックして頂き、修正してきました。

今までやってきたこと、感じてきたことを率直に表すことができたと感じています。

 

当ブログと同じタイトルをつけました!

 

この部分で会場内から少し笑いが(笑)

 

本番直前は緊張していましたが、練習を重ねた甲斐あって、本番に入ると案外落ち着いて発表できました。

担当さんもかけつけてくださり、知り合いの方もちらほら見に来てくださっていて、終了後、感想を聞かせてくれました。

発表で紹介してくれて嬉しかったというお声も頂き、こちらも嬉しい気持ちになりました。

お世話になっている農家さんの5歳の子からも、「発表じょうずかったよ」とお墨付きを頂きました!やったぞー!

 

 

 

最初は盛り込みすぎて持ち時間をオーバーしていた発表・・・何とか短縮できました!

 

展示コーナーには、担当さんのお力を借りながら、作品や資料を並べました。

発表の方に時間を割きすぎて、即興での用意となってしまいましたが、見てくださっている方もいて嬉しかったです。

ここに来て作ったものや、ふるさと通信、協力隊関係資料、写真などを展示しました。

 

 

ここで手づくりしたものたち

 

各種資料や写真たち

 

緑のふるさと協力隊の活動報告の他、宮守町内の小学生、中学生、地域づくり連絡協議会の発表も行なわれました。

宮守の将来について真剣に考えている皆さんの姿を見て、私も考えさせられるものがありました。

 

大会の後は、鱒沢神楽の初舞へ向かいました。

着くと時すでに遅し、神楽の公演は終わってしまっていました…

図々しくも、その後の懇親会から参加させて頂きました。

毎年、活動報告と初舞が被るそうで、発表を見に行きたかったけど行けなかったというお声もちらほら…

そのお気持ちだけでありがたいです。

 

初舞では、鱒沢神楽の大元である大出早池峰神楽と、その同じ系統の神楽団体が集まり、舞を披露します。宮守仲間ということで、湧水神楽も参加しています。

今までは宮守町内の郷土芸能団体と関わることが多かったので、他地域の団体は新鮮でした。

 

なんと、同じ移住者で、一度会ったことのある同世代の女性も来ていて、まさかここで会うとは!と再会を喜びました。

彼女は一週間の練習で舞を披露したらしく、すごいなぁと思いました。

 

結局私は、舞手にならない選択をしましたが、それでもこうして神楽の集まりに呼んで頂き、仲間に加えて頂けてありがたい限りでした。

神楽の人たちは酒豪ぞろいで、全く飲めない私は入っていきづらいところもありましたが、最後には神楽を通して知り合った方たちと笑い話できるようにまでなりました。

その喜びをかみしめた一日となりました。

 

初舞の舞台で挨拶をする支所長

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:19
comments(1), -, pookmark
年末年始は鱒沢で

あけましておめでとうございます。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

あれよあれよといううちに年が明けてしまいました。

平成31年が終わる頃まで、どうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始は、鱒沢のとあるお宅に入り浸っておりました。

年末・お正月行事をしっかり行ない、満喫してきました。

 

30日には、お正月に向けた準備を行ないました。

ずっとできなかったしめ縄も、裏技を教えてもらい何とか作り上げることができました!

 

見本。皆さんお上手。

 

ごぼう飾りを2つ作りました!

 

お正月用のおもちもみんなでつきました。

その後鏡もちを作り、お昼にいろんな味でおもちを楽しみました。

 

プロ並みの手つきの二人

 

みんなで交代しながらついていきました

 

鏡もち

 

きな粉、小豆、大根おろし、納豆、クルミ、のりで

 

まるでもち御膳!

 

毎年欠かさず行なっていることとして、鴨の解体もありました。

私も生で見るのは初めてで何ともいえない気持ちになりましたが、綺麗に仕上がっていました。

ここからだしをとり、年越し・お正月の料理に使われます。

(以下、解体写真につき苦手な方はご注意ください)

 

複雑な心境で見守る・・・

 

31日には、おせちをつめた後、みんなで夕飯を食べました。

ちゃんこ鍋に、お刺身に、米沢牛のすき焼き!ご馳走でした。

 

ちゃんこ鍋で温まる

 

久しぶりのすき焼き!

 

23時頃からは手打ちそばの準備が始まりました。

いつもお世話になっている農家さんが作ってくれました。

馴れた手つきで着々とそばが作られていき、すごかったです。

 

指導を受けながらこねる作業を体験

 

これを

 

どんどん薄く広げ

 

折りたたみ

 

テンポ良く刻まれていき

 

完成!すごい!!

 

前日に用意していたかもだしを使って、鴨南蛮そばの完成です!

年越しぎりぎりに食べ終わり、無事に新年を迎えました。

 

絶品手打ちそば。何たる贅沢。

 

1日は、朝から早速手作りおせちとお雑煮を頂きました。

今までおせちに対し苦手意識が強かったのですが、とても食べやすくおいしかったです。

おせちはほとんど手作りで、完成度の高さに驚きました!

皆さん、わりと家でおせちを作る習慣があったようです。

我が家では、部分的に作るものはあっても、すべて用意してお重につめるなんてことはしたことがありませんでした。

 

栗きんとんの形状が地域によって二つに分かれ、二種類用意されていました。

私はべちゃっとしている方が馴染みがありましたが、西日本出身の先輩方は圧倒的に固形の方なのだとか・・・

 

手間ひまかけて作られた分、おいしさも倍増するんですね。

お雑煮のおもちも、売り物とついたものとでは全然違い、おいしかったです。

 

手作りおせちとお雑煮。二種の栗きんとんに注目!

真ん中のお重を詰めさせてもらいました

 

2日は、新春書き初めを行ないました。

みんなで今年の目標を書きました。

筆を握るのなんて何年ぶりだろうか・・・

昔から毛筆は苦手で、これでも何度も何度も書き直してやっとできたものです(笑)

 

自分の名前が一番綺麗に書けない・・・

 

夜には、再びおせちとお雑煮を頂きました。

おいしいので何回でも食べれます。

これは正月太りの予感・・・!

 

3日は、市外の志和稲荷神社へ初詣に行き、その後盛岡のスケート場、バッティングセンターで体を動かしてきました。

夜にはソースが食べたい!という声多数につき、お好み焼き・もんじゃ焼きを食べに行きました。

何気にスケートもバッティングセンターももんじゃ焼きも初めて。

一日で経験値が大幅にアップしました。

 

志和稲荷神社

 

ご神木。歩道はつるつる!

 

補助を持ってなんとか滑れました

 

危なっかしいフォーム・・・

 

おかげさまで、充実した年末年始を過ごすことができました。

一緒に過ごした鱒沢の皆さんに感謝です。

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:15
comments(1), -, pookmark
平成30年最後

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

今回は平成30年最後のブログ更新となります。

4月から始めて早いもので8ヶ月、お付き合い頂きありがとうございます。

 

振り返ると、4月に遠野へやってきて、年末まであっという間でした。

今まで長期間実家を離れたことがなく、家事も全くできなかったので、本当に一人でやっていけるのか不安に感じていた時がついこの間のように感じます。

案外やっていけているし、ホームシックになることも全くありませんでした。

今では一人暮らしを満喫しています。というより、遠野生活楽しすぎる・・・!

 

それもこれも、私を支えてくれる多くの人たちのおかげです。

一人じゃなかったから楽しむことができたし、安心して過ごすことができました。

心配して面倒を見てくださる方がここにはたくさんいました。

家には一人しかいないけれど、いつも誰かがそばにいるような、そんな感じがしていました。

 

思い返すと、人に良くしてもらったことばかり浮かんできます。

農作業やイベントの手伝いなど、初めてのことだらけで大変なこともありましたが、楽しさ・嬉しさ・喜びを感じたことの方がはるかに上回っていました。

 

毎日発見の連続で、活動に行くのが楽しみで仕方ありませんでした。

仕事が憂うつで、休日にしか楽しみを見出せなかった会社員時代からすると、想像もつかない世界が広がっていました。

会社を辞めて参加するのは勇気のいることでしたが、そのおかげで遠野に来ることができて本当に良かった、この時の選択は間違ってなかったと感じています。

 

なんだか最後のまとめみたいになってしまいましたが(笑)、あと2ヶ月、緑のふるさと協力隊としての活動は残っているので、年明け後も変わらず楽しんでいきます。

年末年始も楽しみたい!(帰省しません!)

 

今年は宮守・遠野で大変お世話になりました。

平成最後の年、皆さんにとってはどんな一年でしたか?

 

引き続き、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

年末年始の大寒波にちょっぴり怯えている岡田でした(笑)

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:13
comments(2), -, pookmark
(番外編)盛岡三大麺制覇への道のり

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

今回はちょっと遠野から寄り道した話題を。

 

私が岩手に来てひそかに抱いていた目標があります。

それは三大麺を制覇すること!

食べることが大好きな私としては、やはり見逃せないところでした。

 

しかし、遠野では達成が厳しい…

ということで、三大麺を求めて、市外へ足を延ばしてきました!

 

まずは冷麺。

実は私、今まで冷やし中華のことも冷麺と呼んでいました。

それぐらい本来の冷麺とは縁のない生活を送っていたのです。

韓国料理を食べるようになり、ようやく冷麺の存在を知りました。

 

初めは、花巻の大門というお店で頂きました。

冷麺と焼肉をセットで食べるのは鉄則!と盛岡出身のシティガールから教えてもらいました。

 

透明感のある太麺に、あっさり酸味のあるスープが何とも美味しい!

太麺なところが韓国の冷麺とはちょっと違うなと感じました。

別辛で好みの量のキムチを入れて食べるとまた美味しい!

別辛というワードは、こちらでよく使われるそうなのですが、私は初めて聞きました。

(東京でも通じなかったとのこと)

 

 

すっかりハマってしまい、家でも作って食べていました。暑い夏には最適!

 

 

次はじゃじゃ麺。

ジャージャー麺?と聞くと、違う!じゃじゃ麺!と支所の担当の方に訂正されてしまいました(笑)

それもそのはず。韓国のジャージャー麺を想像していたら、全くの別物でした!

 

こちらは、盛岡の白龍(パイロン)というお店で頂きました。

ほぼ初めてのじゃじゃ麺は何とも不思議な味わい…

子どものころだったら食べられなかったかもなぁ〜。ちょっぴり大人の味です。

お酢、コチュジャン、ニンニクなど、お好みで足していくとあら不思議!食べやすくなりました!

調味料を加えて自分好みの味にカスタマイズしていくのが面白いです。

 

 

じゃじゃ麺の後には、楽しみにしていたチータンタンを!

麺を食べた後のお皿に卵とお湯を加えてスープにして飲むと教えて頂き、初挑戦しました!

あっさりとお腹に優しい味わいで、食後にぴったりなスープでした。

一皿でこんなに楽しめるものは、なかなかないのではないでしょうか。

 

 

最後はわんこそば。

誰もが一度はやってみたいと思うであろう、言わずと知れた岩手名物。

私も例にもれず憧れを抱いていました。

 

盛岡の東屋というお店で、5時に予約して臨みました。

横長の机がずらーっと並んでいるお座敷で頂きました。

お刺身や薬味も用意してあり、お蕎麦以外も充実していて驚きました。

食べるのを急かされるのかなとドキドキしていたのですが、案外そうでもなく、ゆっくり食べることができて安心しました。

味付けされたお蕎麦は、お味も良く、薬味を入れて食べるとまた美味しかったです。

 

気になる結果は……57杯でした!

店員さん曰く、女性の平均が3040杯、男性の平均が5060杯とのこと。

なんと男性平均に達してしまいました!

我ながらなかなかの大食いっぷり…しばらくそば腹が続きました(笑)

 

 

一緒に食べた皆さんと

 

遠野に来て4か月目にして、三大麺制覇の目標を達成しました!

それもすべて、私のくだらない望みに快く協力してくださった多くの皆様のおかげです。

食べに連れて行ってくださり、本当にありがとうございました!

 

これからも遠野や岩手のうまいもんを食べていきたいと思います!

美味しい食べ物やお店があれば、ぜひ情報をお寄せください〜

(連れて行って頂けるとさらに喜びます!笑)

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:13
comments(0), -, pookmark
りんご最終報告

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

続々と収穫されていたりんごも、ようやく終わりを迎えました。

最近はひたすら出荷作業を行なっています。

先日は、私の実家にも一箱送って頂きました。

母がいろんな人に配っているようですが、遠野のりんご、かなり好評です!

 

おおよそりんごが出揃ったので、これが最終報告となります。

通いつめた結果、「25種類」のりんごを食べることができました!

いつも気前良くりんごを食べさせてくれた農家さんに大感謝です。

ちなみに、最後に頂いたのは青林でした。

 

活動中、りんごにいろんな種類があること、そしてそれぞれ違ったうまみがあることを知りました。

おいしいりんごをたくさん味わえて贅沢な数ヶ月間でした。

 

サンふじ

 

王林

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:12
comments(0), -, pookmark
熊油の精製と男メシ

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

春から秋にかけて養蜂を営んでいる方のところで、最近ひたすら熊油の精製作業を行なっています。

養蜂のかたわら、狩猟も行なっているので、しとめた動物の肉や脂が家にあります。

この脂を綺麗な状態で保存できるのが一年ぐらいだそうで、養蜂が落ち着いたこの時期に、期限の近い脂から順に精製しています。

なお、一度精製した油は何十年ともつそうです。

 

そもそも「精製」というのは、脂身を細かく刻み、鍋で煮込んで浮き上がってきた油をこす作業になります。

こうすることで不純物を取り除き、綺麗な油を取り出すことができます。

 

作業風景。熊の脂身を刻んで鍋に入れているところ。

できたては黄色系の透明、冷えると白く固まる。

 

熊油は、火傷や肌荒れなどに効果的なケア用品で、赤ちゃんにも使えるそうです。

ふるさと納税の返礼品として出品もされているので、ご興味のある方はチェックしてみてください。

 

いつもここで活動する際は、お昼ご飯をご馳走になっています。

料理が苦手な私にとって、活動先で頂く手料理はとてもありがたいものです。

それでは、今まで頂いた男メシをご覧ください!

 

精製後にできた熊の油かすで作ったかすうどん。美味。

大阪で初めてかすうどんを食べたそうな。

 

同じく油かすの卵とじ丼。

焦がしてしまったーと嘆いておられたが余裕でおいしい。

 

初めて行った時、一緒に裏庭でとった行者にんにくを使って作ったパスタ。

 

頂き物のアスパラを使ったパスタ。パスタ多めです。

大好物なので嬉しい。

 

自作のカッテージチーズ。牛屋さんからもらった初乳を使って作ったもの。

蜂蜜をかけるととてもおいしい。

 

ピリ辛の炒飯

 

ホットケーキ。とれたての蜂蜜をかけて。うますぎる〜

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:13
comments(1), -, pookmark
お正月に向けての手作りの品

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

12月に入り、年末年始に向けた取り組みが行なわれています。

12月初旬には、シルバー人材センターで行なっている門松づくりのお手伝いに3日ほど行ってきました。

遠野テレビで見たよという方もいらっしゃるかもしれません。結構でかでかとインタビューで映ってしまったので・・・(笑)

 

私は土台に松の枝をさし込む作業を行ないました。

これがなかなか手の込んだ作業で、一つ完成させるのに数時間かかってしまいました。

抜けないように、結構な量の松をさし込みます。

一日に23個ぐらいしか作れず、微力もいいところでしたが、良い経験となりました。

 

竹も松もシルバーの方々が自分たちで用意しています。完全天然モノです。

竹にあいている穴は笑っている口を表現しており、皆さん笑顔で新年を迎えられますようにという意味が込められています。素敵な一工夫です。

 

私が松をさしたもの(これでも途中)

 

大中小と3サイズ展開で、これを軽トラックに載せて売りに回っているそうです。

皆さんのまごころがこもった素敵な門松となっています。

本当に素敵で、私も一つほしいぐらいでした。

ご興味のある方は、遠野市シルバー人材センターへお問い合わせください!

 

飾りがつくととても豪華!

 

12月中旬には、JA女性部の方たちと干支押絵作りをしました。

毎年この時期に押絵キットを購入し、皆さんで作っているようです。

支所の女性部の方にお誘い頂き、私も参加してきました。

 

簡単なようで意外と細かい作業が多く、難しかったです。

でも、こういうのを綺麗に仕上げていくのが好きなので楽しかったです。

なんだかんだと、完成まで23時間かかりました。

 

体、足、しっぽなどバラバラのパーツに分かれており、一つ一つ土台に絵柄の用紙を貼り付け、合体させます。

来年は猪年ということで、こわもてな絵柄になるのかと心配していたのですが、ウリボーも一緒のかわいらしい絵柄で安心しました。

完成したものは、早速家の玄関に飾っています。お気に入りです。

お正月気分を味わうと同時に、刻一刻と終わりが近づいてくる寂しさも感じています・・・

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:12
comments(0), -, pookmark
早いものでもう忘年会、そして…

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

ここのところ、路面凍結にヒヤヒヤしながら運転しています。

遠野市内で、ちんたらちんたら走っている車を見かけたら、おそらくそれは私です(笑)

雪道初心者なので、どうぞお許しください・・・

 

とある日の自宅前

 

1212日(水)は、宮守総合支所の忘年会でした。

もう忘年会をやる季節になったんだな〜としみじみ感じます。先日、私の住む地区の忘年会も終わりました。

時の早さに驚きを隠せません…

 

会場は、宮守にある「かじか」という、一見民家のようなお店でした。

こんな場所にお店があったとは…!

現在はどうやら予約のみの営業となっているようです。

 

 

席に着き、支所長のあいさつが終わって早々、私の誕生日を祝っていただきました!

それも支所長がご丁寧に、「誰かの誕生日のセレモニーがあるようです、どうぞ!」と前置きを入れてくださったので、せざるを得ない状況に・・・(笑)

 

たまたまですが、この日は私の誕生日でした。

まさかケーキまで用意してくださっているとはつゆとも知らず、とても感動しました。

しかも、私の大好きなチーズケーキをわざわざ探し回ってくださったそうで…!

 

ろうそくまで付いている!

 

とてもおいしかったです

 

とても嬉しそう

 

いつも面倒を見てくださっている担当さんはじめ、窓口の皆さんが中心となって企画してくださり、そのお心遣いが本当に嬉しかったです。感謝してもしきれません。

支所の皆さんにお祝いしていただき、いつになく幸せな気持ちになりました。

 

お料理もどれもおいしかったです。寒い時期にお鍋は最高ですね。

皆さんわいわいと話に花を咲かせ、楽しいひと時を過ごしました。

 

ご馳走!

 

支所の皆さん

 

実は夜までの間に、携帯をなくしかけるというトラブルが発生し、複雑な胸中で参加したのですが、最後にはそんな気持ちを吹き飛ばすほど、多幸感に包まれました。

 

あまりに嬉しかったので、頂いたものをご紹介します!

 

窓口の皆さんから。担当さんからの直筆メッセージに感動!

 

窓口の皆さんから△海譴發いしかった〜

 

窓口の皆さんからありがたい防寒グッズ!

 

活動先のお母さんから頂いた手作りチーズケーキ。

いつも行くたび用意して待ってくれている。遠野で一番おいしい。

 

遊び仲間であり先輩移住者でもあるかご編み職人さんから頂いたお手製リース。

ほぼ家の周りにあるものを使っているのだとか。素敵過ぎる!

 

協力隊OGの先輩から頂いたお菓子。わざわざ誕生日メガネまで!(つけてはないです笑)

珍しいお菓子ばかりでホクホク。

 

また大事な思い出が一つ増えました。

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 15:40
comments(0), -, pookmark
思い入れのある新米

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

少し前のことになりますが、初めて足踏み脱穀をしてきました。

足でペダルを踏むと回転が起こり、ばちばち米が取れていって爽快でした。

 

一部、横ではなく縦にかけていたものも(ほにょという)

遠野ではあまり見かけないかけ方

 

足踏み脱穀機

 

脱穀中の地元の子どもたち

 

その後は米とカスを大まかに振り分ける作業を行ないました。

振り分けた米をトウミという設備に入れ、さらに細かく分別しました。

 

分別作業。まずは手で網をふり大まかに分ける。

 

手作業のため時間と労力はかかりますが、大勢でわいわい作業するのも楽しいです。

作業後の達成感もひとしおです。

最近は機械作業が多い中、こういった昔ながらのやり方を学ぶ機会があるのはとてもありがたいことです。

 

脱穀したあとのわら束

 

周辺の景色

 

とてもいい天気で美しい

 

その日の晩には、とれたての新米を頂きました!

手植えから始め、手刈り、脱穀とみんな手作業で行なってきた田んぼだったので、感慨深かったです。

やはり格別のおいしさでした!子どももおかわり続出で、気付けばお釜は空っぽに。

一緒に頂いた豚汁も、新米のうまみを引き立て、最高でした。

 

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 15:14
comments(0), -, pookmark
小学生たちと昔ながらの脱穀・精米・わら細工に挑戦!

こんにちは。

緑のふるさと協力隊の岡田です。

 

128日(土)、遠野市教育文化振興財団が主催する、ふるさと発見少年少女探偵団のイベントのお手伝いをしてきました。

これは、遠野市内の小学生対象のイベントとなっています。

会場は旧綾織体育館で、中には大修理中の千葉家の家財道具がたくさん収められていました。

 

昔、脱穀に使われていた様々な道具を用いて、自由に脱穀してみようというミッションから始まりました。

最初に使い方を説明せず始めたところ、子どもたちはあの手この手で脱穀をしていました。

中には脱穀できないフェイクの道具もまぎれており、みんな知恵を絞って作業していました。

 

イベントの説明中

 

脱穀中の子どもたち

 

当日は雪も降りとても寒く、手足の指先の感覚が失われました・・・

そんな中、お昼に頂いたひっつみ汁は、体の芯から温まりました。作ってくださった綾織のお母様方に感謝です。

 

綾織地区センターにて

 

午後からは、脱穀したお米の精米に挑戦しました。

これも、道具を使っての作業となりました。

 

精米に挑戦中

 

その後、脱穀して残ったわらを使って、わら細工を行ないました。

しめ縄飾りとミニ門松を作りました。

ただ、しめ縄は大人も苦戦する代物で、私は結局最後まで縄をなうことができませんでした・・・

 

みんな上手!完敗です・・・

 

本イベントの提供側が、いつもお世話になっている先輩移住者の方たちで、終了後、夕食をご一緒させてもらいました。

小友町で今年オープンした「おっともちゃん」というお店に行ってきました。

現段階では町営らしく、お手ごろ価格で楽しむことができます。

一緒に行ったメンバーも、安すぎて大丈夫なのかと心配するほどでした(笑)

そこで、たまたま小友町の活動先の農家さんとばったり遭遇しました!

 

 

本日のおすすめチーズフォンデュ

 

充実した一日となりました。

 

author:岡ちゃん, category:かなの幸せを見つける遠野生活, 17:13
comments(1), -, pookmark