RSS | ATOM | SEARCH
トマト収穫真っ盛り

 

7月以降は遠野ではミニトマトの収穫真っ盛りです。グラデーションが美しい!

房の上から赤くなるので、赤いものだけを収穫して行きます。

↑確か一ヶ月半前頃はまだこんな感じで全体が黄緑でした。

↑これは別の種類の、皮が薄くてぷにぷにしているトマト。違いがわかりますか?他にも紫、黄色、ピンク(!)のミニトマトを栽培されています。

一つのハウスから、籠約8個分も収穫できます。私一人で一日かかりました。こちらのトマト農家さんはハウスが何個もあるにも関わらず、お一人でされているとのこと。よって毎日収穫されたいそうですが、この収穫したハウスに戻って来れるのは、4日後だとのことです。人手不足です。。毎日収穫できないと、熟し過ぎてしまい、トマトに亀裂が入ってしまいます。この日も商品にならないとのことだったので、私は捨てるのがもったいなく(笑)、このハウスから出た割れたトマト50〜60個を頂き、調理してみました。

調理済みの写真が乗せられなくて残念ですが、20個は炊飯器に入れて炊いてトマトピラフ(玉葱、ジャガイモ、塩、シーチキン)、残りのトマトはニンニクと玉葱とオリーブオイルで炒めてトマトソースを作りました。このミニトマト、とっても甘いので冷製パスタ等に合うかなと思います。また、ミニトマトを白ワインとお砂糖で煮たデザートやカレーも農家さんに教わったので次回お手伝い行った時にやってみたいです笑。

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 18:22
comments(0), -, pookmark
行山流湧水鹿踊練習

 

昼からずっと雨が降っていますが、今日の夜はそんな中湧水集会所にて、鹿踊の練習を見学させてもらいました。

言い伝えによれば、白石・湧水地区で鹿踊が始まったのは1866年で、去年150周年記念であったそうです。しかし記録として残っているのが150年前ということなので、恐らくそれ以前に踊られていたのではないか、と伺いました。昔は女人禁制で、一家の長男のみしか踊る事が許されなかったそうです。当時は人口も多く、全員に踊る権利を与えられなかったこと、そして次男、三男や女性に教えてしまうと、他の家に婿入りや嫁入りした際に地域独自の踊りの手法が外に流出してしまう危険性があるために、そのような決まりがあったそうです。今は踊り手不足もあり、5年前の緑の協力隊のまりさんの代から毎年協力隊も踊りを教えて頂いています。

こちらの太鼓は羊の皮製です。模様も若干異なっていました。

鹿が八頭、太鼓を叩きながら踊ります。私も実際に太鼓をつけて踊りの手ほどきを受けましたが、四股を踏んだ状態でこの太鼓を持ち、さらに鹿角をつけて踊るとなると、相当の体力が必要かと思われます。今から家でスクワットをして準備せねばなりません。。!!農作業とは異なる筋肉がさらに増強されそうです。

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 00:17
comments(0), -, pookmark
上郷町にて花栽培お手伝い

上郷町の花農家さんのお手伝いに参りました。今の時期は、花が沢山さいています。上の写真はひまわりとキカラシの花です。近くは線路があり、SLも通るので、写真家には有名なスポットらしいです。

こちらはアルストロメリア。出荷するには早く咲き過ぎた花を取り除く作業をしました。もったいない!と思ってしまいましたが、そうしないと球根から栄養が回らないため、必要な作業です。

8月のお盆の時期が忙しくなるので、その時期に合わせ、今回はトルコギキョウの一番花摘みをしました。そうすることで、生育状況を整えることができます。

少し早く咲いたトルコギキョウ。

作業後は、花農家のお父様に最寄りの日の出神社に連れて行って頂きました。熊が出るらしく、私一人ではとても行けるところではありませんでした(汗)山の中にある、義経の隠し子(?)の日出姫を祀ったという伝説もある、荘厳な神社です。

帰りにはお花を頂き、玄関に置いてみました。いつもあくせくしてるので、花が家にあるだけで、落ち着きます。

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 19:58
comments(0), -, pookmark
ブルーベリー収穫

 

7月はブルーベリー収穫が真っ盛りです。鱒沢のご自宅で栽培されている方のところへお世話になりました。

熟している(ブルーベリー色)の実をとらないといけないのですが、微妙なものも多く、判断に困りました。「困ったときは、食って確かめろ。」とのことだったので、そうさせて頂きました!

この籠を首から下げての作業。

表と裏で色が違う実もあり、結果的に赤っぽい実も沢山とってしまいました。。スイマセン。

穫ったブルーベリーは、生で食べる、ジュースにする、ジャムにするなど色々食べ方がありますが、このように焼酎漬けにすることもできるそうです。

こちらのお宅には昔からの家具や道具が多く残っており、昔ながらの日本を感じることができます。民泊も受け入れられているとのこと。9月19日〜23日の若葉のふるさと協力隊の滞在先もこちらでお願いしており、滞在中は栗拾い、栗ごはん作りなどを予定しているので、迷っている方は是非遠野へ!〆切は9月5日までです!

蓋が重い!お釜。

かまども初めて見ました。

勉強になるお言葉も発見しました!

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 23:26
comments(0), -, pookmark
藍染め体験

 

伝承園にて初の藍染め体験をさせて頂きました。こちらはベテランの方の作品。

私はやや模様をつけすぎました笑。割り箸やビー玉をくくりつけ、模様にします。その後水に湿らせたものを染料に数分つけます。色を濃くしたい場合はこの工程を3回ほど繰り返し、その後酢につけ、水洗い、自然乾燥となります。

他の体験者と共にわいわいいいながらのひとときでした。自分がつけた模様が最後までどう出て来るかがわからないのが藍染めの醍醐味のようです。手間はかかりますが、自分で作ったものにはやはり愛着がわきます。またやりたいと思いました。

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 18:24
comments(0), -, pookmark
勘六縁さんお手伝い

 

 

無肥料、無農薬で米の自然栽培をされている、勘六縁さんのところで田んぼの草取りのお手伝いをさせて頂きました。

個人的に、オーガニックとか自然農法などを見聞きしていたので、実際どのようにお米を栽培されているのか、興味がありました。

一般的には肥料を使わないと雑草も生えてきにくいそうです。しかしそれでも生えてくるので、機械で雑草をとるそうですが、機械が入れない部分は、人の手でとっていきます。ヒエが稲とそっくりで最初はどれをとったらいいのかわかりづらく、また一日炎天下の中の中腰の作業はこの3ヶ月の中のしんどい農作業トップ3に入ったかもしれません。それでも大変だね、といいながら皆で作業をするので、幾分かは気が紛れました。この作業を7月一杯されている勘六縁さんは本当にすごいと思います。。実は緑のふるさと協力隊OB(他県)も、今こちらで頑張っています!

お昼はこちらで穫れたお米のおにぎりとおそばで栄養補給。こびりの時間に頂いたいちご甘酒もとっても美味でした!

一日草取りをした田んぼ。それでも全部は終わりませんでした。本当に手間ひまかけて作られるお米です。毎年7月と10月に田植え体験ツアーなどもされているので、ご興味がある方は是非!

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 20:16
comments(0), -, pookmark
馬の飼育体験-Horse farm visit

 

宮守で馬の飼育をされている方のお手伝いをさせて頂きました。

I visited horse farm in Miyamori.

ポニーへの水やり。目を離していたら、バケツを倒していました。ちゃんと飲んでいるか、しっかり確認しないといけない、と注意されました。反省です。

My task was to give water to ponny. When I was not watching, she turned bucket upside down. I was told to pay attention all the time.

午前中は暑い中、伐採された木を薪にする作業をお手伝いしました。

We cut firewood in this hot weather.

 

お昼は近くのサンQふる郷市場にて馬肉丼を食しました。馬肉は脂身が多く、タレも効いていて美味しいです。

For lunch, I had grilled horse meat on rice. Horse meat was juicy and sauce matched well.

午後は寺沢高原へ。丘の上には。。

Then we headed to Terasawa highlands.

20頭ほどの馬がいて、えさをやりました。

There are 20 horses over there, eating lunch.

 

眺めが良く、涼しく避暑地です。

Great view and cool breeze at the top of the plateau. 

今までこんなに近い距離で馬と接した事はありませんでしたが、馬について色々なお話を聞き、とても深い世界だなと思いました。また体力も必要な仕事ですが、お世話になった方は馬への情熱が深く、かつ元気にお仕事をされていて、すごいと思いました。

I have never been this close to horses in the past, but learned so much today. Taking care of them requires lots of physical works, but I was impressed by this breeding man's energy and passion for horses. 

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 18:47
comments(0), -, pookmark
馬力大会/Horse's stamina competition

6月25日に柏木平にて第42回東北馬力大会が開催されました。

On June 25th, The 42nd Tohoku horse's stamina competition was held in Kashiwagidaira.

県内はもちろん、北海道や青森などから選りすぐりの馬が、一頭約300キロ〜975キロ(!)の重さのコンクリートを、坂を駆けながら速さを競います。

Specially selected horses from Tohoku rigeon such as Iwate, Hokkaido, and Aomori joined the competition. They competed the speed carrying 300 - 975 kg concrete and going over the small hill.

会場は観客席で一杯でした。

The venue was full with spectators.

重りのコンクリート

Horses carried these concrete.

馬だけでなく、馬の手綱を握る人の力量も問われます。

昔は馬と人が共存していたという遠野。馬の強さと大切さを実感した一日でした。

Not only the horse's ability, but also the technique of person who holds the rope is the key to victory.

In old times, it is being said that horses and people used to live together in Tono. I felt the importance of horse and its great stamina today.

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 18:38
comments(0), -, pookmark
小友町巌龍神社-Ganryu shrine at Otomocho

 

 

小友町に素敵な神社、巌龍神社を発見しました。

I found a beautiful Ganryu shrine at Otomocho.

近くには美しい川が流れ、素敵なロケーションです!

It is by the beautiful river.

赤い橋が目印!

2月には裸祭りなるものがあるとのこと。女性も出れるらしいですが。。

近くには美味しいパンが有名な産直ともちゃんもあり、パンを買って川辺でゆっくりしてもいいですね。

Red bridge is easy to find! In February, there is a "Naked festival" which is a long tradition.

Close by, there is Tomochan roadside station, which is famous for its tasty bread.

産直ともちゃんからの眺め。

View from Tomochan roadside station.

こちらは産直風の丘からの眺め。

View from Kaze no oka roadside station.

地元の酪農家さんの美味しい牛乳を使ったソフトクリームが食べれます!

Try ice cream made of fresh local milk. This is combination of vanilla and black sesame flavour!

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 17:39
comments(0), -, pookmark
養殖場での草取り/Weeding at fish farm

 

6月15日はわさび公社の方々と附馬牛(つきもうし)にあるこちらの施設でお仕事をさせて頂きました。

総勢3名で下記プール4箇所の草取りをしました!

その内ひ弱女子2名なので中々大変な作業でした。

 

On June 15th, I visited fish farm in Tsukimoushi to clean four pools taking away weed with two other persons from wasabi farm.

Before
After

作業終了後は、すっきり綺麗になってやりがいがありました。

It was such a tiring task to do, but felt good after cleaning.

 

こちらでは、山女(ヤマメ)、イワナ、銀鮭、ニジマスなどの養殖をされています。帰りにこんなにヤマメを頂きました!

At this farm, four different kinds of fresh water fishes are farmed. We received lots of Yamame after work was done!

author:Azusa, category:azusaの遠野大発見☆, 18:57
comments(0), -, pookmark